Pocket
LINEで送る


妊娠して、体調が思わしくなくなり
思い切って仕事を辞めて専業主婦になりました。

子供が産まれて1歳になる頃まで
頑張って暮らしてきましたが
貯金の底が見えてきたとき
とてもとても不安になりました。

旦那の給料だけでは生活が出来ない。
住宅ローン35年。
車や家電製品の支払い。
そして税金諸々。

今後がとても不安。
子どもにもこれからお金がかかる。
そして自分たちの老後は⁈

いろいろ考えていたら眠れなくなるほどで。

そんな私が今、これからに向けて
やってみたことをご紹介します。

スポンサーリンク

仕事をはじめましたが…。


当時の私は節約をするよりも
収入を増やすことをまず、考えました。

まずパートから。
ハローワークに行って、子供の預け先など
相談しながら仕事を探しました。

今は正社員として仕事をしていますが
ふと思うんです。

外に働きに行く前にもっとやれることがあったのになあ、と。

1歳になる子供を保育園に預けたら
すぐに風邪をひいて、鼻水が出始めて
結果、うちの子は重症の中耳炎になりました。

なかなか治らなくて、結局耳にチューブを
入れることになりました。

もう少し大きくなってから保育園に行けていたら
成長とともに抵抗力がついて
大変なことにならなかったかもしれない。

これは私の一番の後悔です。

保育園に預けるのも2歳までは
保育料が結構高いです。
3歳になるとだいぶん違います。

それを考えても、働くと考えたときは
在宅で仕事ができないかをまず検討してみた方が
いいと思います。

今はネットも普及していますし
パソコンを使って出来る仕事
それに情報収集もたくさんできます。

今現在、私はライターの仕事をしていますが
少しですがおこずかい稼ぎにはなっています。
頑張り次第でもっと収入アップも目指せるはずです。

また、単発の仕事で派遣の仕事や
リサーチの仕事などもあるので
旦那さんが休みの日に協力してもらって
そういう仕事をすることもできると思います。

外に仕事へ出るとたくさん労力を使うし
家事にも支障が出るので
最初は出来るだけ無理のない範囲から
始めてはどうかと思います。

固定費を見直す


仕事に行く前にしなければいけなかったこと。
それは支出を減らすことをもっと
考えたらよかった、と言うことでした。

スポンサーリンク

まずは節約できることがないか
やってみるべきだと思います。

節約と言っても食費など生活費を削るのではなく
固定費を見直す、ということです。

毎月の固定費、けっこうあります。
電気、ガス、水道、通信費、住宅費、生命保険…。
それにかかる費用はけっこうなもの。
なんとか安くすることはできないものか。

私もいろいろと自分で調べてやってみて
一番節約になったのはスマホでした。
通信費は大手キャリアであれば
格安スマホに乗り換えるのも一つの考えです。

ちなみにうちはドコモから楽天モバイルに
夫婦そろって乗り換えました。

使っているスマホはそのままで
SIMカードを変えるだけ。
特に何も困らずに使えます。

結果、毎月1万円の節約となりました。
1万円は大きいです。

最近、スーパーなどに買い物に行くと
よく案内されるのが電気やガスの自由化。
支払先を変えるだけで、料金が安くなるそうです。

毎月支払われるものなので
まずは自分たちが使っているものが
適正なものなのかを考えてみるといいと思います。

ファイナンシャルプランナーへ相談


節約など考えて、不安になったり
でも、どうしていいかわからなくなったり…。
そんな時にタイミングよく、私は
ファイナンシャルプランナーの方と
知り合いました。

たまたま妹の知り合いで相談することに
なったのですが、自分の家の家計を丸ごと
見てくれるし、ちゃんと数字を出して
アドバイスしてくれました。

将来的にどういうところにどれくらいお金が
かかるのか、どうやっていけば
これから安心して暮らしていけるのか。

「変額年金」という保険を始めましたが
銀行に預けていても全然利息がつかない今、
こういう形で老後のための資産形成が
できるのだと知りました。

教えてもらえることがたくさんありました。
一度はお金のプロに相談するのも
いいと思います。

旦那の給料だけじゃ生活できない。今後が不安な私がやってみたことまとめ

旦那の給料だけじゃ生活できない。今後が不安な私がやってみたこと
をまとめると、

 1.仕事を始めるならまずは在宅ワークを検討
 2.毎月かかる固定費を見直す
 3.ファイナンシャルプランナーへ相談する

私もいろいろ情報収集していますが
同じように生活に悩んでいる方
結構いらっしゃるようです。

大変な世の中ではありますが
楽になっていく方法はあります。
まずは動けるところから
動いてみることが大事だと思います。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク