Pocket
LINEで送る


私は、子供が1歳になる頃から
保育園に預けて仕事へ行っています。

幸運なことに環境がよく
先生方も熱心でとてもいい保育園です。

安心して子供を預けられていますが
そんな中、ママ友さんたちとの
お付き合いは気を遣うこともあります。

子供同士のトラブルだったり
ママ友さん同士の噂話だったり。
自分が体験したことも踏まえて
私が気を付けていることを紹介します。

スポンサーリンク

子供同士でのトラブル


まだ子供が小さい頃は、してはいけないことが
わからない時期。

たたいたり、噛んだり、ひっかいたり。
日常茶飯事あることで
お互い様、という感じのこともあります。

それに関してはあまり神経質にならないよう
気を付けていましたが
ある日、お迎えに行ったら先生から
うちの子供がお友達を噛んだ、と
報告がありました。

サーっと血の気の引く感じがしました。
先生が見てくれていたようで
事の一部始終を教えてくださり
噛んでしまったお友達の名前も
教えてくださいました。

そして「自分たちがついていながら
起こってしまってすみません。
今後気を付けます。」

とまず謝ってくださいました。
これには私もちょっと驚きました。

まだ良いも悪いもわからない子供たち、
その年齢の子供を受け持っている先生方は
そのような対応をされるのだなあと
保育園の対応に感心しました。

きっと噛まれた方の親御さんにも
そう言ってくださっているのでしょう。

とはいえ、うちの子供がしたこと、
このままでいる訳にはいきません。

お詫びの連絡をしたいのですが、と
こちらが言うと先生は
その子のお母さんにも話はしていて
大丈夫と言っていました。

登園・降園の時に会ったときにでも
ご挨拶してはどうでしょうか?とのこと。

そうは言われても、いつも登降園の時間が
一緒のご家族ではないし…。

そう思い、お詫びのお手紙を書いて
次の日に渡してもらうことにしました。

たまたま次の日にご家族にお会いすることができ
直接謝ることが出来ましたが。

全然気にされなくていいですよ、
このくらいの子供にはよく起こることだし
お互い様ですから。

と言ってくださいました。

上のお子さんもいらしたので
そういうこともあるのだと
理解しているということでした。

そんな風に言ってもらえてホッとしましたし
保育園の先生の対応にも助けられました。

スポンサーリンク

遠足での出来事


保育園で遠足に行った時のこと。
子供たちは家から各々、お菓子を持ってきていて
お友達にあげたりしていました。

うちもグミを持たせていたら
子供同士で交換を始めたのですが
お母さんから「すみません、うちアトピーで…」
と言われて、ハッとしました。

たまたまお母さんの目の前で
お菓子交換をしていたからよかったものの
そうでなかったら、口に入れてしまって
症状が出てしまっていたかもしれません。

まだ自分のことが自分でわからない年齢なので
大人がしっかりみていてあげないとなあ、と
思った出来事でした。

保険屋さんのママ友


同じクラスに生命保険会社に勤めている
ママ友がいるのですが、ある日LINEで
うちの子供の好きなキャラクターとか
誕生日とか、いろいろ聞かれたことがありました。

質問に答えたらまた質問、と言う感じの
内容で、なんだかちょっと気になるなあと
思っていたら、テーマパークのチケットが
もらえるけどどうですか?と言われて。

たまたま、子供の誕生日に合わせて
そのテーマパークに行くことにしていて
チケットはすでに手元にあったので
今度行くことになっているので、って
伝えたのですが。

どうやら保険会社のアンケートに答えたら
チケットをもらえるとか、そういう
ことだったみたいです。
それで営業につなげるつもりだったのかも
しれませんが…。

ストレートに「学資保険どうしてる?」とか
聞いてもらう方が、私としては
よかったのですが、遠回りになにやら
営業されている感じが、私はちょっと苦手で。

それから、挨拶は普通にしていますが
こちらから話しかけたりはせず
少し距離を置いています。

程よい距離で付き合うのがいいのかも
と思った出来事でした。

ママ友トラブルにしない‼保育園での実例から私が気を付けていることまとめ

ママ友トラブルにしない‼保育園での実例から
私が気を付けていること
をまとめると、

 1.子供同士でのトラブルは先生にも相談して解決する。
 2.子供任せにせず、大人がよくみておく。
 3.ママ友とは程よい距離でお付き合いする。

ママ同士のトラブルも何やらあるかもしれないし
子供同士でのトラブルから、ママ友トラブルに
発展することもあるのかも…と
思ったりしました。

保育園は子供にとって大事な社会。
楽しく過ごしてもらえるように
親として気を配りながら
見守っていきたいなと思っています。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク