Pocket
LINEで送る


「ごちそうさま~」と席を立つ4歳の娘。
お皿を見るとあらあら…残ってますよ~。
サラダのレタス。
人参嫌いじゃないのに、カレーなのに
なぜ今日は残してる?玉ねぎまで。

野菜はなぜだろう、なかなか食べてもらえない。
口に運ぶ順番、一番最後。

保育参観に行った時も先生が
「嫌いなものから食べてねー、今日はお野菜あるよ」
って声かけてた。
…子供ってほとんどの子が野菜嫌いみたい。

でも、野菜って大事な食材だよね。
栄養バランス考えたらやっぱり好きになってもらいたい。

そう考えている私が今まさに
試行錯誤して食べてもらおうと奮闘している
体験談、お話しします。

スポンサーリンク

食べれる野菜はたくさん食べてもらう


まずは栄養面のこと。
嫌いな野菜は次にお話ししますが
とりあえず「野菜」を食べてほしいので
食べてくれる野菜はたくさん食べるように
食事の中に盛り込むようにしています。

うちはトマト、キュウリ、コーンが大好き。
時期によっては高くて買うのを
戸惑うこともありますが
ほぼ、冷蔵庫に入っている食材です。
コーンは缶詰を使っています。

ブロッコリーも好きなのでシーズンには
良く出しているかも。

無理やり食べさせない


野菜、食べてほしいけど無理やり食べさせることは
しないようにしています。

なんでもそうですが、苦手意識を作ってしまうのは
今後のことにとても影響すると思います。

お野菜を全部食べてしまわないと遊べないよ、などは
言わないようにしています。
口に入れてあげて、もしベーッと吐き出しても
叱らずに、今度は食べてねと
無理強いはしないように気を付けています。

料理などにひと工夫してみる


嫌いなお野菜は出しても全然食べてくれないので
買い物に行っても、その野菜は買わなかったり
買ってもパパと自分だけのお皿に
のせるようにしたりしていました。

スポンサーリンク

そんな頃に子育て支援センターで
栄養士さんの話を聞くことができたのですが
食べないからと言って、食事に出さないという
ことはしないでください、と言われました。

野菜嫌いを克服できなくなってしまう。
いつか食べるタイミングが来ます
お料理を工夫して作ったり、味を変えてみたり
いろいろ試してみてくださいねと。

あ~、やっちゃってたなあ、私。と反省。
それからはとりあえず買って
調理してみています。

とは言っても、工夫するのってなかなか
難しいです。
時間があるときは人参や大根を
ハートや星型のクッキー型で型抜きしてみたり。
盛り付けをかわいくしてみたり。

味も子供の好きそうな味にしてみたり。
うちは甘辛いタレが好きなのですが
例えば鶏肉の甘酢あんかけなど作るときに
もやしやキャベツなどを炒めて
お皿に敷いて、その上にお肉を盛りつけて
タレをかけています。

するとそのタレでお野菜を食べてくれました。

保育園の先生から聞いた話ですが
嫌いな野菜を自分で育ててみる、なんて
方法もあるようです。

ピーマンやナスなど保育園でも
育てていたようですが、自分で育てた
野菜には愛着がわいて、給食に出したら
積極的に食べるそうです。

私も少しずつですが、自分ができる工夫を
やってみています。

苦手な野菜は一口でも食べたら褒めまくる


大事にしていることは次も食べよう!と
思わせること。

苦手な野菜を一口でも頑張って食べたら
「わあ~、よく食べたね!えらいね!!」
など大げさに褒めるようにしています。

本人も褒められるって嬉しいみたいです。
「次も頑張って食べるね!」と言ってくれます。
一生懸命に食べるけなげな姿にちょっと
感動したりもしちゃいます。

子供の野菜嫌いはなぜ起こる?今まさに試行錯誤している私の体験談まとめ

子供の野菜嫌いはなぜ起こる?今まさに試行錯誤している私の体験談
をまとめると、

 1.食べれる野菜はたくさん食べてもらう。
 2.無理やり食べさせない。
 3.何か工夫してみる。
 4.苦手な野菜を食べたら大げさに褒める。

  
自宅では食べてくれない野菜も
保育園では残さずに食べていると先生から
聞きました。
環境が変われば食べられることも
あるのかもしれません。

自分も小さい頃はピーマンが大嫌いでしたが
大人になったら味覚が変わって
食べられるようになりました。

そんな風にきっと大きくなるにつれて
食べられるようになるのだと思います。

これからのことを考えたら
今食べられるようになるのがいいのでしょうが
それで追い詰めて、食べられなくなることの方が
心配だなと考えています。

好きな野菜もその時の気分によって
残すときもあるし、嫌いな野菜を
意欲的に食べるときもあります。

そんな姿を見守りながら
あまり神経質にならずに
ちょっとずつ食べてもらう気持ちで
いたいと思っています。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク