Pocket
LINEで送る


私は現在、4歳の娘のママ。
フルタイムで働くようになってから
2年になりました。

毎日、仕事と育児と家事に追われて
ストレス…感じるどころか
溜まりまくっています。

そのせいでいろんなところに不調が出てきて
もう限界、と思うことがあります。

そんな私が少しでも楽になった
3つの考え方、ご紹介します。

スポンサーリンク

仕事をバリバリしない


仕事で頑張りすぎてしまうと
疲れてしまって、どうしても
家に持ち帰ってしまうんですよね。

なので、ちょっとしたことでも
怒りっぽくなってしまうんです。

食事の準備をしているときに
食事の待てない子供に少しおやつを
食べさせていたら、飲んでいたお茶を
こぼしてしまった。

食事が始まっても、ご飯を食べるのが
遅くて時間がかかってしまう。

寝る頃になって、散らかっている
おもちゃが多くてうんざり。
片付けようと言ってもなかなか進まない。

そんなちょっとしたことでイライラ…。

でもそれは仕事に力を入れすぎて
余裕がないときによく起こることだと
気付きました。

頼まれた仕事を断れなくて
頑張りすぎた、とか。

時には休憩中に愚痴を言う同僚に
嫌気がさして疲れてしまうことも
あったりして。

ある日、『疲れた…』と感じたときに
信頼できる同僚に少し相談してみました。

その人は2人の子育て中で
私より2年ほど前に入職した人なのですが、

「自分はある程度、余裕をもって働くように
しています。帰ってからの余力を作って
おかないと家族に迷惑かけるので」

と言いました。

まさに今の私の状況を、自分なりに
対処している人だ!と思いました。

頼まれた仕事はちょっとでも無理と
思ったら断る。

他の人になんと思われようが
自分と家族を守るために
そうしているとのことでした。

そういう考えもあるんだ。と
なんだか気が楽になりました。

頼まれたら少し無理してでも
やらないといけないと思っていたですが
それからは断る勇気を持つことにしました。

やっぱり子供には笑っていたい。
余裕がないと笑えないから。

バリバリ仕事をする必要はないんだ。
それからは少し余裕を持てるように
仕事をしています。

人からどう思われようと
守るものがあるから。
頑張りすぎないようにしています。

子供に理想を抱かない

スポンサーリンク

ママ友との会話でいくつ習い事を
させているとか話題になります。

英会話、プール、公文、ピアノなどなど
話を聞いていると、その子はすごく
身についていて、つい自分の子供と
比べてしまったりします。

いいなあってうらやましくなることも。

うちもさせたいけど、そこまでの
お金がないし、習い事に連れていく時間も
ないし、でもさせたい。

あまりに考えるとそれがまた
ストレスになったりしました。

自分が英語を話せないから
子供には英語を話せるようになってほしい。

ピアノを習って音楽に興味を持ってほしい。

などなど、子供には期待することばかり。

その期待、自分の理想を押し付けることに
なってしまっているのかも。

いつも自分がチェックしているブログが
あるのですが、そのブログの中で
その方は子供に習い事をさせられないから
自分は家事を教えている!と
書いてありました。

料理や掃除、大人になって必要な事ばかり。
身についていたら生活には困りませんよね。

なるほど~。
いろいろと囚われていた私でしたが
肩の力がフッと抜けた気がしました。

自分は自分で出来る範囲の子育てをする。
理想は抱きすぎずに、大事だと
思うことを教えて学んでもらう。

そして出来ない自分を責めないこと。

パパに協力してもらう


仕事と育児でクタクタになっていたら
そこに家事まで自分でしないといけないって
本当に大変です。

パパの協力は必須だと思います。

家事は分担、できることはしてもらう。
うちはお風呂掃除とゴミ出しはパパの係です。

出来るときは食事の後片付けもしてもらっています。

子供が小さい頃は、難しかったのですが
今は育児にもかなり積極的に
関わってくれています。

おかげで時々、休みの日に子供と
二人で遊びに出かけてくれたり
夜の寝かしつけをしてくれたりして
私に一人の自由な時間を作ってくれるように
なりました。

その時間があるだけでストレスが
少し解消されます。

一人で自由に過ごせる時間って本当に大事です。
そんな時間を少しでも取れるように
パパにはしっかり協力してもらいましょう。

仕事と育児の両立でストレスを感じた時、私を楽にした3つの考え方まとめ

仕事と育児の両立でストレスを感じた時、
私を楽にした3つの考え方をまとめると、

 1.仕事に力を使いすぎず、余力を残すようにする。
 2.子供に理想を押し付けないようにする。
 3.パパに協力をお願いする。

慌ただしくてストレスを感じているときに
どうして出来ないんだろうと
自分を責めてしまいます。

でも責めることでもっともっと
苦しい状況になってしまいます。

ママはスーパーマンじゃありません。
仕事も育児もそして家事もすべてを
こなすなんて一人では難しいことです。

それは普通のこと。
頑張らなくていい。
一人でしなくていい。

手を抜いて自分を楽にして
少しでもストレスから解放されるような
状況を作ってみてください。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク