Pocket
LINEで送る


これは、とても難しい問題です。
専業主婦のあなたはきっと家事や育児などで、
疲れているでしょう。

「私って何?」と思っている方もいらっしゃると思います。
中には、誰にも話せないで苦しんでいる方もいる事でしょう。

私は今うつ病を患っていて、
仕事をお休みしていて専業主婦と
同じような感じなんです。

子供もいないですし、近くには友達も居なくて
寂しい思いをしています。
ただただ、パソコンとにらめっこの日々。

やはり、そんな事を彼氏にも話せずに苦しい思いをしています。
家事をするのも億劫になってきていて、
どうにかしてこの状態から抜け出したいと考える毎日です。

家事は本当に大変です。
もうこんな時間だと時間に追われる事、
あれもこれもやらなくてはととにかく大変ですよね。

私には向いていないと思います。
なので、専業主婦の方を尊敬しています。

専業主婦の方の孤独が少しでもなくなるよう、
解決方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

何でも話せる人を見つけて会ったら愚痴る事、楽しみを見つけよう


これも、とても大事な事です。
ストレスがたまっていると思います。

色々と家事や育児をこなしても、
誰も褒めたりしてくれない…

こんな辛い事って、あるでしょうか。

家事だって、育児だって大変な事なのです。
「ありがとう」の一言が欲しいですよね、

近くに友達がいれば、会って愚痴ったりが絶対に必要です。
周りはパートなどに出ている人が多くて、
なかなか会えないかもしれませんが
友達を作る事は大事です。

育児の事、家事の事、夫も事、普段言えない事を愚痴る!
人に話すだけでも違いますよね。

私は、幼馴染が東京にいるので、平日に会っています。
何でも話して、帰りには笑って帰れるので、悩みも忘れちゃってます(笑)
それを楽しみに、過ごしています。

幼馴染にしか話せない事が
自分で思っている以上にあるので、
きっとあなたも話してみたら変わるでしょう。

専業主婦でもできる趣味を見つける・資格を取る


何か趣味を見つける事も大切です。
趣味の時間を作って、それでストレスを解消するのです。
自分の好きな事をするとやはり楽しいですし、
そういう事で嫌な事も忘れられますから。

スポンサーリンク

今は、家で簡単に資格を取得する事が出できます。
種類も豊富で、色々な資格があります。
挑戦するのも良いかと思います。

私は趣味らしい趣味がなく、
何をやっても長続きしないんですよね。

1度、家で資格を取得しようと思った事があるんです。
しかし、それもやっぱり途中でリタイアしてしまいました。
なかなか趣味を見つけるのも難しいです。

お菓子作りも、花を育てるのも、何か飼って育てるのも、
ダメなんでどれも中途半端になってしまいます。

私のように趣味がないって方、
いらっしゃいますか?

私は唯一、パソコンを打っているのが
趣味かもしれないです。

小さい頃から好きな事がなかったので、
ほんとにゴロゴロしながらパソコン打ってます(笑)

なので、ブクブクと太ってきています。

そうならないように、何か熱くなれるものを見つけて下さい。
資格を持っておくと、将来パートを
する時に役立つかもしれないです。

料理やお菓子作りなどを極める


普段から料理などをしていらっしゃるかと思います。
それを利用して、もっとおいしい料理や
お菓子を作ってみてはいかがでしょうか。

育児もあったりして大変かもしれないですが、
家族が喜んでくれると思います。
いつもの料理を少しアレンジしてみたり。

専業主婦の方は料理も得意でしょう、
ぜひ試してみて下さい。

私、昔から家事って苦手なんです。
料理本を買って、作ってみるのですが、
なかなかうまくできないんです(笑)

「大さじ・小さじ」がどうも面倒で…
簡単に作れるものばかりをチョイスしちゃいますね。

たまに、難しそうなものにチャレンジするんですが、
途中で違うメニューに変更してしまったりします。
私には向いてないですね、料理は。

主婦らしい事が何もできていないので、
夫にはほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私なりにがんばって作っているのを
夫は何も言わずに食べてくれます。
それだけでも感謝しなくては。

専業主婦の孤独を感じさせない方法・解決策3選をご紹介します!まとめ

専業主婦が孤独感に悩まさせないようにするには?

1.愚痴を吐ける友達作りや自分なりの楽しい事を見つける。
2.在宅で資格を取ってみる。
3.普段の料理をもっと勉強してみる。

専業主婦は、本当に毎日が忙しく、大変だなと思います。
今になって、自分の母親の大変さがわかりました。

私の母親は専業主婦でしたが愚痴も言わずに
家事をこなしていましたから、
どんなに大変だったか知る良い機会になりました。

母親を見習って、私ももう少しだけ
がんばってみようと思います。
一緒に成長していきましょう、
1人ではないですよ。

この記事を書いているライターさん

名前:Yさん

5歳、6歳、15歳の男の子
3人を育てているママ。

3人のお子さんを育てている
だけあって育児に関してはベテラン。

子供に片付けさせるのが上手い。

スポンサーリンク