Pocket
LINEで送る


毎日の料理って本当に負担ですよね。

私は子供が産まれる前までは遅く帰ってきても
時間を気にすることなく作れたし
味付けも食材も大人に合わせて選べるから
楽でした。

ですが、子供がいるとそうはいきません。

たくさんの食材を食べさせたい。
野菜嫌いにならないようにしたい。
時間がかからず栄養のある料理を作りたい。

などなど、考えること山積み。
でも、理想と現実は違います。

それと保育園から帰ってきたらすぐにご飯にしないと
子供は待てません。

その間、お菓子が食べたいと言って
間食してしまって、それを食べすぎて
ご飯が入らなくなることも。

時間もないし、どうやって毎日を過ごしていけば⁈
と悩んだ私が自分なりにルールを決めて
やっていることをご紹介します。

スポンサーリンク

1週間のうちで作る料理を簡単に決めておく


料理を作る前にしないといけないこと。
何を作るか考えること、いわゆる献立です。

私は毎日のことなのでこれを考えるのが
すごく負担でした。

今日は何を作ろうか…と思いながら仕事するのが
ストレスでした。

そこで1週間にルールを作りました。

月曜日:麺の日(うどん、パスタ、やきそばなど)
火曜日:お魚の日(焼き魚、煮魚、アジフライなどフライものなど)
水曜日:お肉の日(からあげ、とんかつ、豚肉との炒め物など)
木曜日:煮込み料理の日(シチュー、カレー、肉じゃがなど)
金曜日:丼ものなどご飯メインの日(オムライス、親子丼、チャーハンなど)

とこんな感じです。
よく作るものにお好み焼きがありますが
分類には入っていなくて、作りたいと
思ったときに、どこかに入れています。

うちは旦那が火曜日早く帰る日なので
その日は子供のお迎えに行ってもらいます。
その時間に買い物に行っています。

このルールは自分が買い物に行ける日に合わせて
決めているのですが、もちろんこれの通りに
いかないこともあります。

でもだいたいを決めているので買い物も
楽になりました。

食材は宅配便で調達


食材の準備ですが、火曜日の買い物は
お魚、お肉などの生鮮品が主で
その他は宅配してくれるところに注文しています。

宅配業者を決めるときにいろいろ
検討したのですが、中にはその日の食材キットを
届けてくれる業者もありました。

私が小さい頃、母が頼んでいたのを覚えています。

献立を考えることは必要ないし、味付けも
その中にある合わせダレを使って作るので
迷うこともありません。

料理が苦手な人はそれを選ぶのもいいのかも。

私はいろいろ検討して、今は生協を利用しています。
子供が小さかった頃はとても助かりました。

買い物に行きたくても行けなかったり
子供を連れて重たい荷物を運ぶのは大変。

荷物持ち(旦那)でもいてくれたらいいんだけど
毎日遅く帰ってきて、あてにもならない。

なので重たいもの、米とか大きい野菜(キャベツ、大根他)
卵など割れそうなものは生協に注文しています。

玄関前まで運んでくれるし、
保冷材もちゃんと入れて
くれています。

そして生協には冷凍品であっという間にできる
食材があること。
揚げたり、焼いたりしてすぐ食べられるのものも
あるし、一品加えて出来るというものもあります。

 
作りたくないとき、時間がないときは
そんな冷凍品で時短、手抜きをしています。

スポンサーリンク

子供の好きな料理はヘビーローテーション


私は子供の好きな料理はしょっちゅう作っていいと
思っています。

うちはからあげが大好きなので、よく作ります。
前日の夜に鶏モモ肉を切って、ジップロックに
入れて、しょうが、にんにく、薄口しょうゆ
お酒、ごま油を入れてモミモミ…。

冷蔵庫で寝かせて、帰ってきたら
溶き卵を入れてモミモミ。
そのあと、小麦粉と片栗粉を混ぜた粉を
まぶして2度揚げします。

まずは低温でじっくりあげて、そのあと高温で
1分。それでカラッと仕上がります。

他に子供がよく食べてくれるのは
お好み焼き(おたふくのお好み焼きキットが
おススメ)、シチュー、ハヤシライス
オムライス、うどんなど。

週に1回のペースでどれかは作っている感じです。

うどんのだしは麦茶ポットの中に
にぼしと昆布を入れて冷蔵庫にいつもストック。
1日経てばいいだしが出ています。
ママさん交流会で教えていただいた方法です。
冷蔵庫だと1週間くらいは保存できるようです。

おススメのブログを紹介します


クックパッドなどお料理サイトが
ありますが、レシピによっては
手間がかかったり、味が好みでなかったり
自分に合うレシピを検索するのが
大変ですよね。

そんな時私が見つけたおススメのブログです。

①含み笑いのカフェごはん『syunkon』

レシピ本も出されている山本ゆりさんの
ブログです。
一度は目にした方もいるかも?!

小さい子供さんがいらっしゃるので
とても簡単にできる料理を紹介されているんですが
レンジの活用がすごいんです。

それに関西弁で読んでいて楽しいブログです。

②節約彩りLIFE*大事に着るコーデ

節約についての記事がメインなので、
料理のことを詳しく最近は載せていないようですが
時々のお料理のことはすごく参考になります。

節約料理がとても上手な方で
共感しちゃうところも多くて
毎日のようにチェックしている私です。

料理苦手なママたちへ。毎日の料理を負担なく乗り切るコツ4選とは?まとめ

料理苦手なママたちへ。
毎日の料理を負担なく乗り切るコツ4選とは?
をまとめると、

1.曜日によって自分ルールの献立を決めておく。
2.食材は宅配便で。食材キット宅配も一考。
3.子供の好きな料理は回数多くてもOK
4.参考になるお料理ブログを活用する。

先日、保育園の先生が行かれた研修の
内容を保護者にお知らせくださったのですが、

「毎晩の食事は贅沢でなくていいんです。
消化のいいものを食べて
早く寝ることが大事。」と。

子供が早く寝ることは脳の発達にとても
いいそうです。
夜8時に寝て朝6時に起きるのが理想とか。

うちはその理想には届いていませんが。
(できるだけ近づきたいとは思っていますが)

その中でも「何より毎晩の食事は
何品も作ることはしなくていい」

と教えてもらったことが、とても楽になりました。

保育園で栄養士の先生が考えてくれた
栄養たっぷりの給食を食べているから
自宅ではとりあえず手抜きでもなんでも
作って食べて。

それでいいね!と自分で言い聞かせています。

まずは料理を気楽に考えると
苦手意識もなくなってくるのでは
ないかと思います。

子供が野菜を全く食べてくれないママさんにオススメの記事です。
【1分で野菜不足解消】ミリオン国産野菜ジュースの口コミをしてみた

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク