Pocket
LINEで送る


「いつまで続くんだろう…」
子供が生まれて自宅に戻ってきてから2年ほど。
私はワンオペ育児でした。

夫は朝8時に出かけ、帰宅は早くて22時半。
遅いときは日付が変わることも。
休日は週1回、あるかないか。

毎日、育児も家事も一人でこなし、身体も心もクタクタ。
だけどまた明日はやってくる。
また同じことを繰り返すのか、うんざり…。

そんな毎日に限界を感じていた私が、
ちょっとしたことで楽になれた
3つのことを紹介します。

スポンサーリンク

毎日していることをお休みしてみる


毎日、ご飯作らなきゃ、掃除しなきゃ、お風呂入らなきゃ…。
などなど。
人それぞれあるかもしれませんが
私は毎日、一人で0歳の子供をお風呂に入れていました。

脱衣所にクッションを置いて、
その上に子供を寝かせてまず自分が入る。
ゆっくりしてる暇はありません。
ざざーっと、とりあえず自分を洗う。

途中で泣いちゃったりすることもあって
それもまた気になるので、急ぐ、急ぐ!!

それから子供を抱えてお風呂へ。
上がるときは自分はびしょびしょのまま
子供を拭いて着替えさせて
それから自分が服を着て。

髪を乾かす暇なんてなくて
毎日髪は濡れたまま子供と一緒に寝ていました。
寒いときはそれで体調を壊すこともあったりして。

「あ~、ゆっくり一人でお風呂に入りたい」
とよく思っていました。

毎日お風呂に入れないといけないって思っていて
本当に頑張っていました。
とりあえずお風呂が終わればホッとなる。
でも…すごく労力をつかう、疲れる。

ある日、実家で母にそのことを大変だって話したら
「1日くらい入れなくてもいいんじゃない?
そんなに外も出ないし、おしりだけ拭いてあげれば?」

って言われて。

えー!?って思ったけど、そうね。
今日は温かいタオルで拭いてあげようかな。
私も今日はお風呂、お休みしよう。
って切り替えてそうしました。

時間もちょっとで済んだし、何より楽でした。
身体も、心も。
やらなきゃいけないことに
すごくとらわれていたんですね。

少しお休みしてもいい、無理しないでいい。
頑張らずに手を抜いてみましょう。

みてもらえる人に預けて、1時間でも自由な時間を作る

私の実家は車で30分の距離にあったので
限界と思ったときは子供と二人で帰っていました。

子供が昼寝をしたら
寝ている間を母にみてもらい
外に出かけていました。

スポンサーリンク

昼寝をするのはだいたい2時間程度。
早く起きることもあるし
昼寝をさせすぎたら夜、寝なかったりもするし
自分の中で外に出るのは1時間と決めて。

ちょっと買い物に行ってみたり
ドライブに行ってみたり
お散歩してみたり。

一人になるだけでも気分が違います。
解放感というか…
子育てって気が張っているんですよね。
ママの責任、重大ですもんね。

いつも張りつめていたら疲れてしまう。
だからやっぱり息抜きは必要です。
一人で自由な時間を作ってゆっくり過ごす。
それだけで少し、楽になれます。

夫に辛いことを伝えてわかってもらう


何より頑張っている自分、子供のためにやっているけど
どうして私だけなんだろう。

二人の子供なのに
どうして夫は手伝ってくれないんだろう。

仕事が遅いから仕方ない。
疲れてるから仕方ない。
でも、本当にそれだけで許せるだろうか。

…私は許せませんでした。
二人の子供だもん、二人で育てたい。
全然、子供がなついてないもん。
もっと関わってほしい。
自分の子供、かわいくないの??

いろんな思いがありすぎて
爆発寸前…いや、爆発しました。

ある夜、帰ってきた夫にわんわん泣きながら
きつかったこと
つらかったこと
頑張ってること
ぶちまけたんです。

そしたら「ごめんな」って。
わかっているけど手伝えなくてごめん。
本当によく頑張ってくれてる、ありがとう。
そう言ってくれました。

「頑張ってくれてる」
そう言われてちょっと報われた気がしました。
自分がやってることを認めてもらえるって
嬉しいものなんですよね。

めちゃめちゃに泣いて
気持ちがスッキリしたこともあると思いますが。

次の日は少し違った気持ちで
朝を迎えることができたのを覚えています。

ワンオペ育児、もう限界!そんな私の気持ちが楽になった3つのことまとめ

ワンオペ育児、もう限界!そんな私の気持ちが楽になった3つのことをまとめると、

 1.毎日していることをお休みしてみる。(手抜き)
 2.子供を預けて、1人の時間を少しでも作る。(息抜き)
 3.夫に伝えてわかってもらう。

子供が4歳になり、あの時から比べると
毎日がとても楽になりました。

子供が成長すると、自分でできることが増え
だんだん手がかからなくなってきます。

だから、辛い今がずっと続くわけではありません。
そのうち楽になってきます。
それまでは手抜き、息抜きしながら
子育てしていきましょう。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク