Pocket
LINEで送る


「また見てる…」旦那、暇さえあればすぐスマホ。

保育園児を育てながら働く私、
こっちは仕事から帰ってきて
食事の支度の真っ最中、娘はテレビ。

本当は長時間見せたくないんだけどな。
旦那にはちょっとでも一緒に遊ぼうって
気持ちはないんだろうか。

というか、何をそんなに見ることがあるわけ?
こっちはしたくてもできないことたくさんあるのに、
自分だけ好きな事やって…マジ、イライラする!!!

日々たまっていく旦那へのイライラ。
旦那にイライラしてるはずなのに、
ご飯を食べながら遊びだす子供に向かって
「ちゃんと食べなさい!!」
ってつい強い口調で怒鳴ったりしてしまって、自己嫌悪。

このイライラ、どうやったらなくなるだろう。
そんな、旦那に不満全開の私が
実際に試したイライラ解消法を紹介します。

スポンサーリンク

直接伝える

まずシンプルにコレ。
男って本当に直接言わないとわからないようです。
あと具体的に伝えることが大事。

「少しでも家事手伝ってくれないかな」ではなく
「食べた後、お皿洗っておいてくれないかな」とか
「お風呂洗ってくれないかな」
とかして欲しいことをハッキリと言う。

調子のいいときはいい感じに聞いてくれて、
さっそくしてくれたりします。

そんな時はいいんですけど、
時々腑に落ちないのか、
納得できないのか黙っちゃうときが
あるんですよ、旦那。

「で、してくれるの?」って聞いたら嫌そうに「うん」。
「なんだその返事はー!!!」ってまたイライラ。
そんな時は私も感情的になっているんでしょうね。
それに対して旦那がイラっとしているのかもしれませんが。

助けてもらいたいことして欲しいことを手紙で伝える

うちみたいに黙ってしまったりして話が進まないとか、
冷静に話せなくなってしまうとか、
うまく言えないとか、そんなときには
手紙を書いて読んでもらうといいです。

時間がないときはメモで一言
「せめて子供と同じ時間に起きてくれませんか」とか、書く。

視覚に訴える!文字にはかなり
自分の感情が乗っているんですが、
言葉で伝えるより相手に静かに伝わります。

次の日から何も言わずに子どもが起きたら、
起きて来るようになりました。
手紙に自分が辛いこと、助けてほしいこと、してほしいことを
たくさん書いたこともありましたが、

その時は次の日に「ごめんね」と言ってくれて
自分のことをわかってもらえた、
それだけでも少し気が楽になりました。

スポンサーリンク

子供と仲良くなってもらう


一番私の中でイライラがなくなったのが
これだったかなと思います。

子供は私と過ごすことが多くて、
私ばかりになついて旦那のところに
なかなか行こうとしませんでした。

したいことがあっても、子供が一緒だからできないこともあり、
例えば外出中、トイレに行きたくて
「パパと待ってて」と言っても
「パパ、イヤだ!」といって私から離れず。

旦那も「おいで」と一言言うけど、
「イヤ!!」と断られたらそれ以上何も言えず、
何をするわけでもなく…。結局、トイレに連れて行って
用を足すまで個室に一緒に入る。

トイレさえも自由がないのかってことにまた、
ストレス感じてしまっていました。

自分の母にも言われたんですけど、
「子育てするのに一番近くにいる人に預けることができないと、
子供は自分の手からいつまでも離れない。自分が苦しくなるだけよ」
って。

本当にそうだなあって思ったので、
まずは旦那と子供との時間を
作っていくことを目標にしました。

子供が嫌がっているので
最初から二人きりにはせず、
私も含めて3人で保育園に登園したりしながら、
子供に関わってもらいました。

3人で一緒に遊んでて慣れてきたころに
自分だけその場から離れたり、
休日に2人で出かけてもらったり。

時間は少しかかったけど今では旦那もよく遊んでくれるようになって、
子供もパパ大好きになりました。

そしたら自分の時間も
作れるようになって、イライラが減りました。

育児中の旦那に対するイライラ、どう解消する⁈私が試した方法とはまとめ

育児中の旦那に対するイライラ
どう解消する⁈私が試した方法をまとめると、

 1.旦那に直接、言葉で伝える。難しいときは目で見てわかるように
   文字で伝える=自分の気持ちを分かってもらう。

 2.子どもと仲良くなってもらう=自分の時間を作れるようになる。

「子育てには『パパ育て』がもれなくついてくるよ」って、
子育て先輩の幼なじみから言われました。

子育てしながらパパ育て⁈って思ったけど、
パパが育つと楽になることたくさんあります。

子育ては一人ではできません。
一番助けてくれる人=一番近くにいる人=旦那
になったらいいですね。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク