Pocket
LINEで送る


子育てしながらの家事、仕事は本当に大変です。
特に仕事の時、保育園からの呼び出し電話!

『え⁈今…仕事抜けられる状況じゃないけど』

と考えてしまう時もあり、まず実家の母に電話。

「ごめん、お迎えに行ってもらえないかな」
母も仕事はあるけど、何とかなりそうなときは
お迎えに行ってくれたりします。

だけど、ふと考えるときがあるんです。
私、実家に頼りすぎかな。
依存しすぎてるのかな。

ついつい頼ってしまう自分の実家。
頼りすぎて支障が出る場合もあるようで。
出来ることから自立していこうと頑張っている私が
今、している行動をご紹介します。

スポンサーリンク

実家の両親は自分よりも年上なんです


いや、当たり前のことなんですがね。

団塊の世代は本当に元気です。
自分が両親と同じ年になったとき、二人と同じように
動けるのかな、と思うくらい。

でも、実家の両親も年齢を重ねてきて、年を取ったなあ
って思う時もしばしばあります。

とても元気だった母がギックリ腰になり、
普通に過ごせるようになるのに3か月ほどかかったこと。

父の頭は黒い毛よりも、白い毛の方が多くなったこと。

いろんなところに目を向けると、二人の年齢を
とても感じるようになりました。

自分よりも年齢を多く重ねている両親。
そんな二人に小さな子をお願いしても
負担に思うこともあるよね。

よくおじいちゃん、おばあちゃんの目線での
話を聞きますが、「孫はかわいい。
私たちには責任がないからね。
だから手放しでかわいいと思うのかな」って。

そう、責任は私たち親にあるんです。
だから責任を持たせるようなことを実家の両親に
させてしまってはいけないのだと思いました。

ある日、高熱が出たと言って保育園から呼び出しがあり
それは大変!とその日は早退してお迎えに行きました。

子供は1歳。

病院に連れて行ったけど、その夜熱が下がらず
でも次の日も休むことはその時の私にはハードルが高くて。
就職してまだ1週間くらいだったんです。

それで、実家の母に1日お願いしました。
母もいいよ、とその時は言ってくれて
1日一緒に過ごしお世話をしてくれましたが、

その日、私が帰宅して母が言ったことは
「熱が高くても、孫ちゃんは元気だったけど
もし急変とかしたらどうしようかって、そればかり
考えてたよ。怖かったよ」
「やっぱり高熱があるときは、お母さんが
そばにいた方がいいんじゃないかな」
って。

そうだよね、そう言われたらそうだよね。
母は本当に孫のことが心配だっただろうし、
不安な気持ちだったと思う。

確かに、私も不安だった。
仕事してても手につかないくらいだった。

それからは高熱の時は自分が絶対休むことに決めました。
何かあるかもしれないって思う時は
自分でみないといけないって、心から思いました。

スポンサーリンク

お金にまつわるエトセトラ


おじいちゃん、おばあちゃんって本当に孫に
いろいろと買ってくれますよね。
おもちゃもお菓子も。
そして食事に行ったときは出してくれることが多い。

でも、ふと考えるんです。
こんなに甘えてていいのかな、って。

これから年金支給だけになってしまう両親。
こんなに孫に投資して大丈夫なのかな。
ちゃんと暮らしていけるのかな。
なんて心配になったりします。

外食の時など、うちの家族全員分を負担するとなれば
結構な金額。おまけにうちの旦那が飲んだお酒の分まで
余計に払わせてしまうことになる。

旦那はそれが当たり前のようになってきているような
気もするし、なんかそれもムカつく。
旦那の実家には私、ほとんど世話になってないけど!!

…と話が脱線しましたが、何にしても
お金を出しすぎなのではないかと、心配になり。

なので、毎回出してもらうのではなく
ちゃんと割り勘にしたり、甘えたときは
次の時は出すとか、生活きついときで…って
っていうときは3~4回に1回はって感じですが
出せるときは出すことにしました。

習い事の月謝は出してもらっているけれど


子供が3歳になった頃、そろそろ何か習わせたいなと
考えていたんですが、英語を勉強させたくて。

自分自身が全く、英語がダメで苦手意識が強くて
聞き取りも話すことも全くできないのですが
ある人と知り合ってから本当に英語にしっかり取り組んで
おけばよかったのに、と後悔して。

だから自分の子供には英語に興味を持ってもらいたい。
自然に身についてくれたらそれは本当に幸せかも!と
思い、習わせるなら英語かな、と思っていたんです。

そんなとき実家の父が英語はしゃべれるようにならないと
いけないぞって話をしていて。

それを聞いた母が、父と話をしたそうで
母から英語教室の月謝はおじいちゃんが
出してくれるみたいだから、話をしてみたら?って
言われて。

父を頼っていいものか、迷いました。
それこそ依存じゃないかなって。

だけど、母が後押ししてくれて。
『孫に対する投資だから。
ちゃんと将来、ためになることだから
遠慮せず出してもらえばいい』
って。

それで、この件に関してだけは
月謝をお願いすることにしました。
小学生になるまでと期限を決めて。

子育てで実家頼りすぎ?依存し過ぎだとしたらどうしたらいいの?まとめ

子育てで実家頼りすぎ?依存し過ぎだとしたらどうしたらいいの?
をまとめると、

 1.実家の両親に責任を取らせるようなことはさせない。
 2.お金のことで頼りすぎない。3~4回に1回でも
   自分たちで払う。
 3.孫の将来のためにしてくれる投資は、ありがたくお願いする。

今やってもらっていること、すべてを実家の両親が
負担に思っているかどうか、
実際には怖くて聞けない部分もあるのですが
程よい距離間で付き合っていければいいのかな、と思います。

近すぎても、遠すぎても気になってしまう。
自分の中で程よい距離をみつけて、過ごして行けるよう
になれたらいいですね。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク