Pocket
LINEで送る


専業主婦って、お小遣いがなくて大変ですよね。
どんなに頑張っても、お金がもらえるわけではないですもんね。

私も今、専業主婦なんです。
家事・育児をしていますが、
特にお小遣いをもらっているわけではありません。

パパから、買い物のお金だけをもらって、
生活しています。

「あれが欲しいな」とかって思うんですが、
なかなか言えなくて困っています。

パパが、お金を持っていて管理しているので、
欲しい物も買えない状態なんです。
うまく言って、お金をもらえないかって考えました。

バックだったり、財布だったり、
色々と欲しい物があるのですが、
どうやったら買えるかなって考え、実行してます。

同じような悩みを抱えている方、
どうぞ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

やっぱり節約が1番!!


やっぱり、お金の管理って大事ですよね。
だいたいの家庭は、
奥さんが管理していると思うんです。

しかし、たまに、私のように、
旦那さんがお金を握っている家庭もあります。

旦那さんが握っている家庭は、奥さんが大変なんです。
だって、奥さんが好きな事ができないじゃないですか。

私は、1日2000円もらって、
それでやりくりしてくれと言われています。
食費は足りるんですよ、2000円で。

でも、友達とご飯に行く時や、
どこかへ行きたい時には絶対に足りません。

そんな時、私が財布を握れていればって、
何度も思いました。

できるだけ節約して、
1日にかかるお金を減らします。

2000円のうち1500円食費で、
残りを自分のお小遣いにしてしまうのです。

ネットなんかで、どこのスーパーが安いのか調べて、
買い物に出かけます。

500円×7日で3500円になります。
それを続けていけば、買いたい物を買えるくらいの
金額になっていくのです。
塵もつもれば山となるんです。

できれば、奥さんがお財布を握った方が良いでしょう。
働いている旦那さんのお金ですからね、
なかなか大変かもしれませんが。

旦那さんに言って、もらう!!


ない物はないと正直に話したら、
きっと旦那さんもくれると思いますよ。
育児にだって、お金はかかります。
家賃や光熱費だってかかります。

結局、お金がないと大抵の事はできません。
何かをしようとすれば、お金が必要なんですよね。

スポンサーリンク

旦那さんに「お金、下さい。」と正直に言いましょう。
こんなに家事・育児を頑張っているのに、
専業主婦はお給料がない、これって問題ですよね。

育児も家事も、とっても大変なのに…
休みもなくて、簡単に「代わって」とは言えない。

私も専業主婦ですが、適当な私からすると、
ちゃんと家事・育児をやっているママ、すごいと思います。
嫌だなとか思う日もあると思うんです。

しかし、当たり前という感じでやり切ってしまうママ。
ほんと、尊敬します。

欲しい物も買わずに、頑張っているママ、いつもありがとう。

旦那が寝ている間に財布から取る!!


旦那さんが寝てしまったらチャンス!!
財布から、少しずつもらっちゃいましょう。
お札は、さすがに気づかれちゃいそうなので、
小銭を少しだけ拝借。

朝起きたら、「ないから、ちょうだい」と言ってもらうのです。
拝借した小銭は、ママ専用の貯金箱でも良いので、
貯めておきましょう。

旦那さんが酔って帰って来たら、大チャンス!!
酔った時って、財布の中身までは
覚えてないでしょうから、抜いちゃいましょう。

ママのお小遣いは、そうやって貯まっていくのです。
私も試してみようと思います。
小銭拝借作戦は、うまくいく気がして、
とても楽しみです(笑)

うちのパパは、寝るのが大の得意なんですよね。
寝ているうちに…ワクワクしてます、私(笑)
たまに、細かく小銭まで数えている
旦那さんもいるので注意しましょう。

専業主婦でお小遣いなし、どうやったらやっていける?解決法3選!まとめ

専業主婦でお小遣いなし、どうやったらやっていける?解決法3選!
をまとめると、

1.とにかく節約する。
2.正直にないと言ってもらう。
3.小銭拝借作戦。

お小遣いがないのって、本当に辛いと思います。
何かあった時、緊急の時に、財布に入っていなかったら不安ですよね。
何とかしなければいけませんよね。

旦那さんと、話し合う時間が必要ですね。
旦那さんをお小遣い制にできれば、良いのでしょうが。

専業主婦で、お小遣いがないって、ほんと悲惨ですね。
こんなに毎日頑張っているのに。
不公平ですね。

私なら、「ここまでやってるんだから、少しはちょうだい」
と言ってしまいそうです。

お返しを期待している訳ではないですが、
何か楽しみがあってもいいと思います。

些細な事でもいいからと思ってしまうのは、
私だけでしょうか。

ママ、すごいなって、素直に思います。
旦那さんは、なかなかわかってくれないけど、
私にはわかります。

家事・育児がどんだけ大変かって。
送り迎え、お弁当作り、着替え、そして買い物、洗濯、掃除。
まだまだあると思います。
それらを1人でやるって、大変です。

誰からも褒められず、毎日365日休む事をしない、偉すぎます。
私も専業主婦だと言いましたが、私にはマネできません。

ママ、本当にいつもご苦労様です。

この記事を書いているライターさん

名前:Yさん

5歳、6歳、15歳の男の子
3人を育てているママ。

3人のお子さんを育てている
だけあって育児に関してはベテラン。

子供に片付けさせるのが上手い。

スポンサーリンク