Pocket
LINEで送る


単身赴任でパパが家にいないという方、
いらっしゃると思います。

そんな家庭はママ1人で育児や家事があるので、
とても大変ですよね。

家事だけでも大変なのに、
育児もしなくてはいけないなんて、
私には考えられません。

パパが居ないという状況、
1人で何もかもするという環境、
本当に尊敬です。
いつも、お疲れ様です。

ママ1人で、家事・育児と大変な状況の中、
がんばっている方に、色々な情報を
ご紹介していきたいと思っています。

どうしたらパパが居なくても、
楽しく家事・育児ができるのか。
その解決策はどんなものがあるのか。
少しのお時間ですが、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク

寂しくなったら、パパに会いに行こう!!


きっとパパがいない事で、
ストレスも溜まっていると思います。

たまにはパパに帰って来てもらったり、
ママがパパに会いに行きましょう。

子供が大きかったら、ママだけお泊まりに行っても良いでしょうし、
子供がまだ小さかったら、旅行気分で
お泊りに行くのもアリではないでしょうか。

単身赴任って、やはりなかなか
帰る事が難しいでしょう。

ママも辛いと思いますが、パパも寂しいですよ。
パパは家に帰っても1人ですし、
ご飯も1人で寂しく食べているはずです。

そんな時にママが帰ってあげたら、パパは大喜びです。
子供も一緒だったら、もっと喜びますよ。

私は、パパと離れて暮らした事がないです。
離れて暮らすなんて、考えられないですね。

もし、そういう状況になったらと想像してみました。
まずは、連絡を取りまくるでしょう。
毎日、メールやLINE、電話をして、
寂しさを少しでも減らすでしょう。

「仕事で疲れているかもしれない」という事は、
考えないで連絡すると思います。
そして、寂しさの限界が来たら会いに行っちゃいます。

遠距離恋愛のように、マメに連絡を取り合いましょう。
たまにしか会えないのは辛いと思いますが、
こんな方法で乗り切りましょう。

家事はできるだけ手抜きをしよう!!


パパがいないと、何もやりたくないと
感じてしまう方もいるでしょう。
そんな時は、家事をサボっちゃいましょう。
できる事をできるだけでOKです。

あんまり無理をすると、ママが参ってしまうからです。
ママが無理と思わない程度にしておきましょう。

スポンサーリンク

私は、うつ病でなかなか家事が
できない体になった時期がありました。

ちょっと事情は違いますが、
それでも私は家事・育児を
しなければいけませんでした。

そんな辛い時期に、パパは夜遅くまで仕事で
家に帰って来るのは12時過ぎ。

仕事もしていた私は、もう限界でしたが、
1人で育児・家事をしていました。

子供が3人いて、下2人は保育園でした。
家事をどうしたら楽になるのかを考えました。
どこかで、割り切って、開き直って、家事をしました。
少しでも楽になるように、家事はできる事だけに絞ってやりました。

例えば、「洗濯をしなければならない」
しかし、できる状態ではない時は、
「もう明日にしよう」と次の日に回す。

「洗い物がたまっている」できなければ、
次の日の朝に回すなど。

寝て、気持ちをスッキリとさせてから家事をやりました。
イライラすると、子供にも伝わってしまいます。
気を付けましょう。

辛い気持ちを吐き出そう!!


「辛い」という感情をいつも
心に閉まっておくのは、良くないです。
誰でも良いので、吐くようにしましょう。
子供や友達、誰でも良いので必ず言うようにしましょう。

私は、中学生からの親友に愚痴を吐いています。
話すと、かなり気持ちが楽になります。

1人で抱え込んでしまうのが1番良くないですよ。
「辛い」なら「辛い」と言って下さい。

パパに相談するのもアリでしょう。

会社によっては申請すれば、
単身赴任が少なくなったり
する事があるみたいです。

やっぱり、パパにはそばにいてほしいと
思うのが当たり前の考えです。

私なら、どうするのかなと考えてみました。
パパと離れて暮らす事は、やっぱり無理だと思います。

「夫は働いて、稼いでくれればいい」
という考えは昔の事で、
今は時代が変わっていますもんね。
共働きの家庭が増え、ママも忙しいです。

気持ちを吐ける人を見つけましょう。

単身赴任の妻はとても辛い・・その解決方法3選をご紹介!!まとめ

単身赴任の妻はとても辛い・・その解決方法3選をご紹介!!
をまとめると、

1.パパと連絡をマメに取り合って、たまにはお泊りに行きましょう。
2.家事は、手抜きしても良い。
3.愚痴は吐こう。

単身赴任の家庭は、本当に大変です。

ママばかり大変な思いをするのは、キツイでしょう。
家事・育児・仕事と全部をこなすのは、かなり大変です。

無理をせずに、できる事をしましょう。
いつも大変なママを偉いと思います。
あまり無理し過ぎないようにして下さいね。

この記事を書いているライターさん

名前:Yさん

5歳、6歳、15歳の男の子
3人を育てているママ。

3人のお子さんを育てている
だけあって育児に関してはベテラン。

子供に片付けさせるのが上手い。

スポンサーリンク