Pocket
LINEで送る


ママ友の子供に嫉妬してしまう方、
いらっしゃると思います。

「どうして、うちの子は…」
「何で、あのママの子供は…」

など、
悩んでいるんではないですか?

子供は、ママが大好きですよ。
嫉妬なんて絶対にしてはいけません。

子供の成長なんて個人差があるし、
他の子と比べても仕方ありません。

マネをさせたって、
同じようにはなりません。

私は、自分の子供を信じています。

学校に行く事を嫌がっていた時期があり、
強引に連れて行こうとした事が何度かあります。

結局は、子供自信が行くか行かないかを
決める事だと理解し、
見守る事にしました。

すると、自然に行き始めましたよ。

まずは、子供を信じてあげて下さい。

きっと、自分の子供にないものを
持っていると思っているのでしょう。

嫉妬しない方法を一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

ママ友の子供との比較!!


ママ友の子供が、良く見えてしまうのは
仕方ないかなと思います。

「自分の子供には持っていないものを持っている」

と感じる事ありますよね。

しかし、それは子供にとっては良くないです。
だって、子供は一生懸命にやっているのですから。

食事だって、トイレだって子供なりに
頑張ってやっていると思うんです。
それを信じてあげないでどうするんですか。

やっぱり、自分の子が1番ですよ。
1番可愛いし、誰よりも愛しているはずです。

子供だって、ママを愛していると思います。
だから、他の子と比べないであげて下さい。

私は、他の子供と比べたりした事は1度もありません。
だって、自分の子供が1番可愛いからです。

子供の良い所をたくさん褒めてあげましょう。
そして、伸ばしてあげましょう。
伸ばしてあげる事が、親の責任ではないでしょうか。

少し、肩の力を抜いて育児してみましょう。
「よその子はよその子」と開き直るくらいが、
ちょうど良いかもしれませんよ。

色々なタイプのママ友にもまれてみる!!

スポンサーリンク

話しかけやすいママ、元気なママ、
色々なママ友が周りにいると思いますが、
とにかくどんなママとも仲良くして、
もまれていかないとダメだと思います。

「あんなママに憧れるな」という事があると思うんです。
嫉妬ではなく憧れです。
どんどん近づいてみるのも1つの手です。

嫉妬したとしても、何も変わらないと思うんです。
憧れのママを見つけて、少しでも近づく努力が必要です。

どうしても嫉妬してしまうなら、
ママ友は作らない方が良いと思います。

でも、それでは、寂しくないですか?

公園などに行っても、
1人なんて絶対に寂しいですよ。

色々なタイプのママ友と
仲良くした方がいいと思います。

なかなかママ友ができない私からしたら、
ママ友がいるだけで、とてもうらやましいですが。

もちろん、私も憧れのママいました。
でも、緊張して話しかける事はできませんでした。

もまれて強くなれるし、嫉妬だって
きっとなくなってくると思います。

ママ友の良い所をマネしてみるのも
良いのかなとは思いますが、
マネをしても何の得にもならない事は
目に見えてわかるでしょう。

家庭の環境も、その人その人で違うので、
「自分の家庭を中心に」という考え方に
した方が良いのではないでしょうか。

自分の子供が1番です!!

他の子ではなく、自分の子供を
どうすれば良いのかを考えましょう。

例えば、

ママ友の子が頭の良い子だとして
それに嫉妬してしまうなら、

「じゃあ、うちの子は運動ができる子に育てよう」

という考え方に変えるとか。
同じ土俵に立たせるのではなくて、
違う事で勝たせるのです。

自分の子供の特技などを知っているのは、
ママだけです。

特技をどんどん伸ばしてあげる。
これって、大事な事だと思います。

他の子供の事は考えないで、
自分の子供だけを見てあげて下さい。

兄弟や姉妹でさえ比べられるのが
嫌という子は多いですよね。

ましてや、友達と比べられるなんて
もっと嫌なんじゃないでしょうか。

どうか、子供を伸び伸びと育てて下さい。
普通が1番ですよ。

障害を持っている子供を一生懸命に
育てているママもたくさんいます。

普通って、何よりも難しいです。

ママ友の子供に嫉妬してしまう事が嫌、どうしたら嫉妬しないか?まとめ

ママ友の子供に嫉妬してしまう事が嫌、どうしたら嫉妬しないか?
をまとめると、

1.ママ友の子供に嫉妬しても、何も良い事はない。
2.色々な性格のママ友と仲良くしてみる。
3.子供を伸び伸びと育てる事が大事。

嫉妬してしまう事は良くないです。
今日から、今から、自分の子供だけ見て下さい。

やっぱり、自分の子供が1番可愛いのです。
パパにも相談してみて下さい。
きっと、「気にしすぎ」と言われるでしょう。
私も、そう思いますよ。

ママ友から1度、距離を置くのもアリだと思います。
自分を見つめ直す事も必要なのかもしれないです。

この記事を書いているライターさん

名前:Yさん

5歳、6歳、15歳の男の子
3人を育てているママ。

3人のお子さんを育てている
だけあって育児に関してはベテラン。

子供に片付けさせるのが上手い。

スポンサーリンク