Pocket
LINEで送る


子供が成長するためには、お昼寝は大切です。
1日2時間はお昼寝の時間を持ちましょう。

なんてよく聞くけど、実際は30分くらいで起きてきて、
そんなに寝ないよ!大丈夫なの?!
なんて心配になりますよね。

子供が寝ている時間に家事をしたり、
自分一人の時間を楽しみたい!と思うけど、

寝てくれないとイライラが溜まり、
子供にきつく当たって自己嫌悪になったり。

私は2人の年子の子供を育てていました。
上の子がお昼寝してくれないと、
せっかく寝た下の子が何度も起きてきて泣く。

泣いた下の子を必死にあやしているのに、
上の子が「ママあそぼー!早くー!」なんて言うもんだから、
「ちゃんとお昼寝しなさい!」と怒鳴ると、

上の子と下の子が一緒になって泣き、
「私も泣きたいわ…。」なんて3人で泣いちゃうなんてこと、
よくありました。

子供を寝かしつけるのって本当に体力がいるんですよ。
常にイライラしてしまうから、
ママの気持ちも子供に伝わって機嫌が悪くなったり、
本当毎日ヘトヘトになっちゃいますよね。

そんな私が、全くイライラしなくなった
方法を2つ教えちゃいます。

スポンサーリンク

朝は早く起きる!生活リズムをつけよう

朝は忙しいから、なるべく遅くまで寝ててほしい!
と9時や10時頃まで寝かせたり。

忙しいお父さんと触れ合う機会が少ないからと、
お父さんが帰ってくる時間に合わせて夕食を遅くし、
結局寝るのも遅くなったり。

実際、私たち親が子供の生活リズムを
狂わせていることって、ありませんか?

子育ての第1段階は、
人間本来のリズムに育ててあげることです。

私たちは約24時間のリズム
(サーカディアンリズム=体内時計)
で生活しています。

約24時間とありますけど、これは個人差があって、
人により24-25時間あるんです。

この少しのズレをリセットするのが、
太陽の光を浴びること!なんです。

部屋を暗くして、朝遅くまで寝かせてしまうと、
子供の脳は体内時計をリセットする時間が遅れてしまいます。

そして結局寝るのが遅くなるのは、
体内時計がそのようなサイクルに
なってしまっているからなんですよね。

だから、もし昨日の夜寝かせるのが遅くなっても、
朝は早く起こしてあげること!

そして、午前中は外でいっぱい遊ばせてあげましょう!

身体をいっぱい動かして、
お昼にたくさんご飯を食べたら、
眠くなってきますよね。

朝起きて、体を動かして、たくさん食べる!
これがポイントです。

眠くなかったら寝なくていいか♪と気楽に考えよう

眠くないのに、寝ろ!なんて、大人でも無理ですよね。
大切なのは、体を休める時間が
必要だと教えてあげることです。

スポンサーリンク

眠くなかったら寝なくてもいい。少し体を横にする
時間を持つだけで充分なんです。
横になるだけで体は休まるんです。

横になるのも嫌!と騒ぐなら、
たくさん遊ばせてあげましょう。

なぜかって?
子供は眠かったら寝るんです!!

医学的にも子供に必要な睡眠時間は、
生まれたての赤ちゃんなら16時間、
5歳までは11-13時間と言われています。

お昼寝しなくてもいいじゃない。
1日のトータルで必要な睡眠時間がとれていたら良し!

というように、おおらかな気持ちで接する方が、
ママの気持ちも楽になります。

また大人でもショートスリーパーやロングスリーパーがいるように、
子供の睡眠時間も人それぞれです。

必要な睡眠時間がとれていなくても、
昼間機嫌よく元気に遊んでいるなら大丈夫!

無理やり寝かせようとイヤイヤ騒ぐ子供に
イライラする時間の方がもったいないし、
子供にも悪影響です!

笑顔で楽しく子育てしましょう。そうすると、
ママの気持ちも明るくなるし、子供にも良い影響を与えます。

子供が生活リズムを確立するまでは、本当に大変ですよね。
睡眠はこんなに大切なんです!って育児書などには
理想がたくさん書いてあるけど、
すべてうのみにしないこと!

よく、保育園の先生に「お昼寝しないんです。」
と言われて悩むママも多いですが
寝なくて何か問題があったんですか?!
と言い返せるようにしましょう。

だって、人それぞれ違うんですから!

ポイントは、昼間元気なら良し!

睡眠時間が足りなかったら、機嫌が悪くなるし、
食欲が減ったり、何らかの症状が必ず出てきます。

そうなったときは、改めて生活習慣や夜間の睡眠時間、
お昼寝時間について考え直し、
ママ友や小児科の先生などに相談してみるといいですね。

これは、子供の年齢による睡眠時間の違いに
ついて詳しく説明してくれているので、
参考にしてみてください。

子供が昼寝をしない!?イライラしないための方法2選ご紹介!まとめ

子供が昼寝をしない!?イライラしないための方法2選ご紹介!
をまとめると

1.朝は早く起きる!生活リズムをつけよう
2.眠くなかったら寝なくていいか♪と気楽に考えよう

毎日大変だけど、一緒にお昼寝したり、
遊んだりできるのも数年の間です。

子供はすぐに大きくなってしまいます。
私も子供に手をかけていた時が、本当に懐かしく思います。

今の時間をたくさん楽しんでみてくださいね。

この記事を書いているライターさん

名前:Kさん

女の子と男の子2人の子供を
育てているシングルマザーの方。

看護師で働きながら
副業でライターもしている
ポテンシャルの高い人。

お子さんを溺愛している。

スポンサーリンク