Pocket
LINEで送る


こんにちは。
サイト管理人のソラです。

僕は男なんですけど、
主婦ってすげーポテンシャル高い
と思うんですよね。

掃除、洗濯、炊事、子供が熱出せば病院に連れていく、
保育園の送り迎え、子供を抱っこして泣き止ます、
子供をお風呂に入れる、旦那さんの面倒を見る。

などなど
まだ書きれないくらい
たくさんあります。

スポンサーリンク

主婦は365日休みなしの超激務

特に育児に関する事は、
とんでもない重労働だと思います。

子供っていきなり泣き叫んだり
かんしゃくを起こして手が付けられ
ない時とかあると思うんですよ。

しかも仕事と違い、365日休むことなく
続けられるってとんでもない
ポテンシャルの高さですよ。

さらにこれは仕事場の主婦の方に
聞いたんですけど朝がめちゃくちゃ早い
んですよ。。

普通に朝5時半とか6時とかに起きて
子供のお弁当を作ったり朝食を作ったりと
ハッキリ言って激務過ぎます。

それと女性なのでメイクとか
ヘアセットとかにも時間がかかり
ますからね。

僕は男なんでその辺は
結構適当なんですけど、
女性の方は身だしなみとかものすごい
気をつかいますからね。

そういった事も
気を使わないといけないので
精神的な消耗もハンパないと
思います。

その割に、
世間からは「やって当たり前」
と言われる風潮がありますからね。

コレすげーつらいと思うんですよ。

自分はものすごく一生懸命にやってるのに
誰からも評価されないって僕だったら
耐えられませんよ。

それを当たり前のようにこなしてる
主婦の方ってやっぱりすごいなと思います。

まず、出産自体が命がけ
ですからね。

下手すれば自分の命も危ないのに
それでも子供を生みたいって
ものすごい尊い事だと
思うんですよね。

痛いし、怖いし、苦しいし、
つらいし、、、

そんなすごい命がけの試練を
乗り越えてきたんですよ。

そんな苦しくても2人目、3人目を
また生みたいってハッキリ言って
すご過ぎだろ!と思います。

男でそんな命がけで何かを
成し遂げる事ってほとんどの人が
一生ないですからね。

もちろん、消防隊員や警察官の
方などは命がけでお仕事していますが
それは一部の人です。

ごく普通のサラリーマンで
そこまで命がけの場面ってないです。

これだけでも十分すごいのにその後も
育児と家事を365日休みなしで
やってるんですからすご過ぎますよ。

しかもこれを当たり前のように
こなしているのが普通にすげーと
思います。

ですが、それでも毎日同じことの繰り返し
はつらいでしょうし
突然ふと孤独を感じる事も
あると思います。

主婦の方は心に孤独を感じやすい

まだ、子供も小さいので
話し相手にはならないし、
外にもなかなか出られないので
旦那さんしか話し相手がいない
というケースもよく耳にしますからね。

旦那さんが激務で帰りが
遅い場合なんか最悪で
1日中誰とも会話しないで
終わる事もあると思います。

そうなると精神的にどんどん
追い詰められていき
心を病んでしまうと思うんですよ。

この気持ちすごくよくわかります。

僕は昔ちょっとした事情で
引きこもりになってしまい
社会から完全に孤立していました。

毎日将来の不安を抱えて
生きた心地がしなかったです。

何のために自分は生きているんだろう・・
自分は社会にとって何の価値もない存在なんだ・・

そんな事ばかり考えていました。

僕と比べたら失礼かもしれませんが、
主婦の方も同じような悩みを
抱えていると思います。

なので少しでも社会と接点を
持つのって大事だと思います。

社会と接点を持つために一番簡単な事

社会と接点を持つ一番簡単な
方法はやっぱり働くことだと
僕は思います。

でも、まだ子供が小さくて
外に働きに出られない・・・

といった意見もあると思います。

ですが、僕は別に外に働きに出ろと
行っているわけではなくて
最近では完全在宅でできる
お仕事もたくさんあります。

スポンサーリンク

それに昔みたいに自転車のベルを
ひたすら作り続けるような
地味な内職ばかりではありません。

あれって結構きついと
思うんですよね。

1個作っても1円にすら
なりませんからね。

何銭の世界ですから。

しかも何のスキルアップにも
ならないので
自分自身の成長にも全く
繋がりません。

この自分が成長してない
感じって結構つらいと思いませんか?

人間って根本的には
自分が成長する事が好きな生き物
なんですよ。

僕も自分ができなかったことが
できるようになった時
すごい嬉しいんですよね。

例えば、
勉強で言えば数学や物理の
意味不明だった問題が解けた時とか
すごい気持ちよかったですし、

苦手だった読書が
いつの間にか毎日の習慣に
なったりですね。

料理だって最初から
上手かった人はいないと
思うんですよ。

料理本を片手に
何度も肉を焦がしたり
調味料を入れ過ぎて
とんでもない濃い味付けになったりと
いっぱいあると思うんですよ。

焦げた卵焼き
味付けが薄い味噌汁
ぐちゃぐちゃなハンバーグ
野菜の切り方がでかすぎる
スープみたいなカレー

などなど

数々の失敗作を
生み出してきたと
思うんですよ。

でもそうやって、たくさん失敗する中で
1歩1歩前進していっていつの間にやら
おいしいご飯が作れるようになったはずです。

その時の瞬間を思い出して
欲しいんですが、
とてもうれしくありませんでしたか?

絶対に達成感はあったと
思うんですよ。

今までできなかったことが
できるようになるって
とても楽しいんですよ。

育児だってそうです。

最初は赤ちゃんのおむつの
替え方もわからなかったし、
泣き止ませ方もわからなかった。

でも、本を読んだり
ネットで調べたり
お母さんに相談したりして
少しづつ当たり前にできるように
なったはずです。

今はまだ目の前の事で
いっぱいいっぱいだと
思うんですが、
ふと振り返ってみてほしいんですよ。

きっとできるように
なった事がたくさんあるはずです。

他のママさんと比べて
自分はなんてダメな母親なんだ・・・

と自己否定してしまう方が
いますが、
他人と比べるのはやめましょう。

比べるのは過去の自分とです。

そうやって過去の自分と比べてみて
できるようになったことを探しましょう。

そうやって自己肯定感を
高めるのが大事です。

お子さんの自己肯定感を
高めるのも大事ですが、
自分の自己肯定感を高めるのも
すごく大事です。

よく、子供がいるのに
甘えちゃだめだと心に無理をする
お母さんがいらっしゃいますが、
それは半分正解で半分間違いだと思います。

お母さんだって人間なんだから
たまには弱音を吐いてもいいんですよ。

自分一人で抱え込んで
ずーっと苦しみ続けるのは
すごいつらいと思うんですよね。

それにそうやってお母さんが元気なく
していると子供にもそれが伝わって
しまうんですよね。

お母さんは笑顔でニコニコしている
方が絶対子供も安心できると
思います。

旦那さんも家に帰ってきたら
奥さんが不機嫌そうだと
あんまいい気分しないと思います。

ですが、日常になかなか
息抜きできる瞬間がなくて
困っていると思います。

なので息抜きと社会との
繋がりを持つために
在宅ワークをオススメします。

ちなみに僕は、
クラウドソーシングで
主婦の方にお仕事を依頼しています。

クラウドソーシングとは簡単に言うと
自宅で出来るパソコンを使ったお仕事ですね。

例えば、
記事ライターとかデータ入力とか
イラスト制作とか色々ですね。

このサイトの記事も僕と
お仕事を依頼した主婦さんに
書いてもらっています。

お母さんが元気になれば
日本社会ももっとよくなると
思っています。

お母さんが元気な方が
お子さんも安心しますし
健全な子に成長します。

その子たちが将来の
日本を引っ張っていく事に
なりますからね。

そういった活力のみなぎる
社会に少しでもなれば
僕としても嬉しいですからね^^

お母さんが元気になるお手伝いを
少しでもできれば僕としては
最高に嬉しいです!

この記事を書いた人

名前:ソラ

このサイトの管理人をしている。

のんびりした性格であるが
たまに本気を出して記事を書く。

趣味は読書とブログを
書くこと。

世のママさんの心の悩みを解決すべく
日々奮闘している。

詳しいプロフィールはコチラ

スポンサーリンク