Pocket
LINEで送る


「ワンオペ育児」最近、良く耳にするようになりましたね。
私は実は、あまり意味が良くわかって
いなかったので調べてみました。

「仕事・育児・家事を1人で回す主婦」
といった意味になります。

これは、大変だなと考えさせられました。
私は、子供が0歳の時に離婚。
片親で、子供を育ててきた経験があります。

色々な方に、お世話になりながら
やっとの思いで子育てをしてきました。

1人でなんて無理です。
夫と協力して、子育てはするものでしょう。

しかし、パパが忙しかったりすると
なかなか難しいのでしょうか。

昔は、ワンオペ育児が普通だったかもしれないですが、
今は時代が変わっています。

夫も台所に立ったり、買い物に行ったりが
普通になっていますよね。

何から何まで1人で回すのは、
並大抵の事ではありません。

ママは毎日のように子供の送り迎え、仕事、家事と
こなしていますが、当たり前ではないんですよ。

パパにも少しでも協力してもらって、
乗り越えましょう。

ママが少しでも楽な気分に
なるような方法を一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

パパと話し合いの時間を作る!!


パパだって忙しい事ぐらいわかっていますが、
ママ1人だけでは回りません。

ここは、良く話し合うべきです。

中には家にいるのにスマホのゲームに夢中だったり、
TVを見てるだけといったパパもいるようです。

これでは、ママがイライラするのもわかります。

再婚した私は、夫がすぐに寝てしまう性格で
何度もケンカになりました。

疲れているのはわかっていましたが、
「私だって同じ」と夫にキレた事がありました。

「子供にミルクをあげてくれるだけでもいい」
「お風呂掃除をしてくれるだけでいい」

と訴えました。

そして私は仕事も家事も育児もできなくなり、
うつ状態になってしまったんです。

それから、夫は積極的に
何でもしてくれるようになりました。

子供の送り迎えやご飯の支度、お風呂掃除など、
私に代わって頑張ってくれました。

もっと早くに夫と話し合っていれば、
うつ状態にはならなかったかもしれません。

話し合いは、大事な事です。
パパとしっかりと話し合ってみて下さい。

自分を自分で褒めてあげる!!


誰も褒めてくれないし、
育児や家事にお給料なんて出ませんよね。

スポンサーリンク

だから、自分で自分を思いっきり褒めてあげて下さい。

「今日も頑張った!」「今日もやり切った!」と褒めて、
自分の大好物を皆が寝てから食べるとか。
プリンやケーキなど、楽しみを作りましょう。

私も元気な頃は買い物に行って、
好きな物を買っておいて、
夜中に食べていました(笑)

そしたら、
「明日も頑張ろう!」という気になれました。

朝から晩まで、色々と大変なママ。
たまには、自分へのご褒美があっても良いと思いますよ。

パパがお休みの日を利用して、どこかに出かけてみたり
でも良いと思いますし、自分を磨く為に
エステなどに行くのも良いでしょう。

たまには、ママのお休みの時間が
作れるといいですね。

今日をやりきったら、
思いっきり自分を褒めてあげましょう。

どこかで手抜きをしよう!!


あれもこれもなんて、
無理をせずに手抜きをしましょう。

私は洗濯物を干す時間だけも短縮したくて、
ドラム缶式の洗濯機に変えました。

洗濯+乾燥もやってくれる優れ物です。
これだけでも、だいぶ楽になりましたよ。

週末になると、子供が体操着や白衣を
持って帰って来ますよね。

いつも以上に洗濯物が増えて、
大変だったですし、
梅雨の時期にはなかなか
乾いてくれないんです。

なので、パパに頼んで買ってもらいました。
(もちろん、分割です(笑))

天気を気にする事もなく、
洗濯ができたので、
買って良かったと思いました。

ご飯も手抜きにしました。
大量に作って、2~3日は同じメニューの時もありました。
カレーやシチューはオススメです。
煮物なんかもいいですよ。

どこかで手抜きをしなければ、
ママが疲れてしまいます。

ママがイライラしていると、
子供が不安になります。

ワンオペ育児で夫にイライラしてしまう・・解消法なんてあるの?まとめ

ワンオペ育児で夫にイライラしてしまう・・解消法なんてあるの?
をまとめると、

1.夫婦で話し合う時間が必要。
2.自分へのご褒美を見つける。
3.手抜きをする。

ワンオペって、本当に大変ですね。
私なら、絶対に無理です。
1人で、仕事・育児・家事…想像
するだけで目が回っちゃいます。

なので文句を言わずに、何でもやれている
ママは本当に偉いです。
少しは休んで下さいね。

ママが倒れたら、
家がめちゃめちゃになっちゃいますから。

今回は、とても勉強になりました。
「ワンオペ育児」は、今、たくさんの方が
抱えている大問題でしょう。

実際になってみないとわからないですよね。
もっと良い方法が見つかれば、
すぐにお伝えしますね。

私は、ママの味方です。

この記事を書いているライターさん

名前:Yさん

5歳、6歳、15歳の男の子
3人を育てているママ。

3人のお子さんを育てている
だけあって育児に関してはベテラン。

子供に片付けさせるのが上手い。

スポンサーリンク