Pocket
LINEで送る


外に働きに出るのが怖い。。。

結婚して会社をやめて
落ち着いてきたので、
そろそろ働こうかと考えていたら、

怖くて電話すらできない。

あなたは恐らくそういう悩みを
もってこのサイトにきたと思います。

僕は主婦ではないけど
その気持ちすごく分かります。

なぜなら僕も2年半引きこもって
働いていない空白の期間が存在する
からです。

そんな僕でも、
社会復帰することはできました。

そこで、その時の僕の体験談などを
用いてどうすれば長期間働いてない人でも
働けるようになるかご紹介していきたいと思います。

申し遅れましたが、僕はソラと言います。
このサイトの管理人です。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

電話が怖いならハローワークに行ってみる

ハローワークのいいところは
職員の人が仕事先に電話してくれる
んですよね。

僕も引きこもり直後にまずは
ハローワークに行きました。

2年半誰とも全く話てこなかった
僕がいきなり電話して面接するとか
恐怖でしかなかったんですよ。

とりあえずはリハビリで
バイトしようかと思っていたんですが
バイトの電話すら怖かったんですね。

なので、とりあえず
ハローワークに行くだけ行って
みようと思ったわけですね。

あ、ここで大事なのが
いきなり色んなことをいっぺん
にやろうとしないことです。

ハローワークに行ったからと行って
その日のうちに無理して求人を探して
応募までしようとすると頭の中が不安で
いっぱいになります。

そうなると、
せっかく働く気力があるのに
行動できなくなります。

だから、とりあえずハローワークを覗いてみる
だけでいいです。

それだけでも一歩前進しているので
十分に素晴らしいです。

最悪なのが何も行動できなく
なることですからね。

なので、
その辺は自分を褒めてあげてください。

そうやって自己肯定感を
高めることは仕事をする上でも
重要ですからね。

ちょっと話がそれましたけど、
僕もハローワークに行った経験が
あるわけです。

まずは、ハローワークの登録作業から
はじめました。

そこで僕は、空白期間何を
書けばいいんだよ。。

と無駄に悩んでしまった
わけですね笑

別にハローワークの職員の人は
面接官ではないので
それほど気にすることはありません。

無理に誤魔化さないで
正直に書けばいいです。

元々ハローワークにくる人たちは
何かしら問題を抱えている人が
多くくるので向こうも対応の仕方は
慣れています。

なので、正直なことを
話した方が色々と相談にも乗って
くれやすくなると思います。

そして登録作業を
終えたら求人の検索が
できるようになります。

求人を検索できる時間は決まっており、
確か一度に30分までだったと思います。

その30分の間にパソコンで
求人を調べて、印刷して
その求人に応募したかったら
受付に持っていけば大丈夫です。

その後自分の順番が来たら
呼び出されます。

そこで、職員の人と話をして
応募先を決めます。

応募先が決まったら
職員の人が電話してくれるわけです。

僕もそうだったんですけど、
電話するのすら怖い人は
ハローワークはいいと思います。

まあ、僕は結局自分で電話して
バイト先を見つけましたけどね。

ちなみにこのサイトは、
何記事か主婦ライターさんに書いて
もらってるんですが、

その中の一人である
Sさんはハローワークで正社員の
お仕事を見つけたらしいです。

しかも、事務職という
倍率が高い仕事をです。

なので、ハローワークでも
もしかしたらいい仕事が見つかる
かもしれません。

実際にSさんがハローワークで
お仕事を見つけた時の体験談が
入った記事です。

専業主婦で社会復帰が怖い人へ。私はこうステップアップしました!!

この方もすごく自信がなさそうな
感じだったんですが、
無事に仕事につくことができたので
すごく役に立つと思います。

後、ハローワークでは定期的に
無料の就活セミナーやってるので
行ってみてもいいと思います。

僕も行きました。

履歴書の書き方や
面接対策までしてくれるので
割と本格的です。

まあ、パート程度なら
そこまでする必要はないと思います。

電話するのは本当に楽勝

先ほどは電話すらできない人に
向けての提案でしたが、
パート程度なら本当に電話は
怖くないです。

僕も最初はものすごい恐怖心
でいっぱいでした。

電話しようかな。。
どうしようかな。。
でも怖い。。

こんな感じで全く電話できずに
先に進みませんでした。

結局一つのバイト先に
電話するのに1週間とかかかって
しまったんですよ。

ですが、思い切って電話すると
何も怖いことはなく淡々と
話が進みました。

はっきり行って悩んでる時間が
本当にもったいなかったですね。

なので、思い切って電話して
しまった方がいいと思います。

頭の中にいつまでも
抱えているとずーっと精神的にも
疲れますしね。

面接の際に空白期間は必ず聞かれるので注意

空白期間は必ず聞かれると
思うので、事前に何をいうか
考えておきましょう。

まあ、主婦の方なら
家事や育児をしてました
と答えておけば問題ないと思います。

僕の場合、男で結婚もしてないので
言い訳を考えるのは苦労しましたがね笑

何か勉強していた訳でも
ないし、ただボケーっとしていた
僕と比べれば、

家のことをしっかりとやっている
あなたの方が100倍立派ですからね。

スポンサーリンク

そこは胸を貼ってください。

というよりも結婚できてるだけで、
僕よりもコミュケーション能力は
高いはずなので大丈夫ですよ。

なので、そんなに怖がらずに
普通にしてください。

それに、主婦の方は
素直で真面目な方がすごく
多いので信頼されてます。

僕がいたバイト先も
主婦の人はすごく真面目に働いて
いました。

なので、オーナーや店長の
信頼も厚かったです。

逆に学生などは
サボりまくったり平気で遅刻とかして
来ますからね。

午前中のコンビニやスーパーなどは
同じ主婦の人がいっぱいいますしね。

最近は本当に人手不足なので
条件が合えば雇われますよ。

僕みたいなコミュケーションに
問題があるダメ人間でも何とか
なったので安心してください^^

どうしても外で働くのが怖いなら在宅ワーク

どうしても電話も面接も怖いなら
在宅ワークがおすすめです。

ただ、今すぐにでもお金が欲しい!

という方には
あまりオススメはしません。

在宅ワークは時給労働とは
違いやった仕事の成果で決まるので
人によっては時間がかかるからです。

しかし、パートや正社員と違い
面接も電話も履歴書も基本的には
いりません。

なので、即急にお金が必要で
ないなら外に仕事に出るまでの
リハビリにはいいと思います。

でも、在宅ワークって具体的に何するの?

とあなたは思うかもしれませんね。

ズバリそれはネットを使った
お仕事ですね。

え〜?ネットを使った仕事?
なんか怪しそう。。

と思うかもしれませんが、
ここではそう言った胡散臭そうな
ネットビジネスは紹介しません。

ちゃんとした企業が関わっている
お仕事をご紹介します。

それは、クラウドソーシングと呼ばれる
ものですね。

簡単にいうと、
ネットやスマホなどを使ったお仕事を
紹介しているサイトです。

サイトに登録して、
あとは自分のできそうな仕事に
応募するだけです。

基本的にお仕事のやり取りは
全部メールで行うので人付き合いが
苦手な人には向いてると思います。

それとどう言ったお仕事があるのかと
いうと、

Webライター、モニター調査、動画のナレーター、
イラストレーター、プログラミング、アンケート調査、
などなど様々です。

専門知識がいるプログラミングとかは
やっぱりもらえるお金も多いですね。

逆にアンケート調査は誰でもできるので
単価は安いです。

ちなみに1アンケート5円とか、10円
くらいです。

まあ、本当に最初の最初は
リハビリ感覚でいいと思います。

迷って先に進まないよりかは
全然いいですからね。

まあ、どうしても決められないなら
僕はWEBライターがオススメです。

初心者からでも挑戦できて、
実力をあげれば稼げる額も増えますし、
文章を書くお仕事はとても創造的で
面白いからです。

ちなみに先ほども言ったんですが
このサイトは主婦のライターさんの力を
借りて運営しています。

僕は男なのでどうしても
女性にしかわからない悩みとかも
ありますからね。

そういう意味でものすごく
助かっているわけですよ。

それと、みなさんはじめは
初心者で全く文章を書いたことの
ない人たちでした。

なので、最初はあまり文章が
上手ではありませんでした。

ですが、慣れていくにしたがって
かなり記事の質は上がっていったんですよ。

ライターさんの中には、
記事を書くのが面白くなったり
記事を書くことを通して自分でも
気づかなかった発見ができた
という人もいました。

こんなところで社会とつながりを
もてるとは思ってなかったという
人もいました。

お風呂はいってる時や、
家事をしている間にどんな記事を
書くのか楽しみにしている人もいました。

それにクラウドソーシングでは
主婦の人がものすごく多いんですよ。

なので主婦歓迎の案件も
たくさんあります。

なので気になる案件を
見つけたら思い切って応募しても
いいと思います。

もしあなたがクラウドソーシングに少しでも興味が
あるならこちらの記事が参考になると思います。
クラウドソーシングにとりあえず登録だけでもしといた方がいい理由

最後に

初めてのことを
やるのは怖いとは思います。

ただ、大抵のことは
やってみると案外大したこと
なかったりもします。

僕だって引きこもりから脱出直後に、
一度もやったことのないコンビニのバイト
に応募した時、正直怖かったですよ。

接客なんてしたことないし。。
どうしようクレームなんて入れられたら。。
使え無さすぎてクビになったらどうしよう。。

みたいなことばかり
考えていました。

ですが、いざやってみると
案外楽勝で1週間くらいしたら
すぐに慣れました。

レジ打ちなんて、
ただ、マニュアル通りに
喋ってればいいだけじゃん。

公共料金の受付もただ
スキャンして、スタンプ押すだけじゃん。

売り場が乱れてたらきちんと直せば
いいだけだし、ゴミ捨てもトイレ掃除も
こんなん小学生でもできる。

というような感じに
なったわけですよ。

誰だって知らない世界は怖いし
逃げたくもなる、
でもいざ勇気を振り絞って挑戦してみると
全然余裕だったっという話はよくあります。

むしろ頭の中でずーっと悩み続けて
苦しむより行動した方が断然楽ですし
スッキリします。

僕もバイトしていた時よりも
引きこもっていた時の方が
圧倒的に苦しかったですからね。

常に将来の心配したり、
お金がなくなる恐怖に怯えていた
毎日に比べれば働く方が
よっぽど楽です。

なので、あなたもちょっとだけ勇気を
出して行動してみませんか?

そうすれば、
きっと将来はよくなると思いますよ^^

この記事を書いた人

名前:ソラ

このサイトの管理人をしている。

のんびりした性格であるが
たまに本気を出して記事を書く。

趣味は読書とブログを
書くこと。

世のママさんの心の悩みを解決すべく
日々奮闘している。

詳しいプロフィールはコチラ

スポンサーリンク