Pocket
LINEで送る


育児中って時間ないですよね。
したいことがあっても後回し。
まずは子ども優先。

小さい頃はご飯を作っているときに
泣かれてしまったら、途中で手を止めないと
いけないし。

仕事を始めている今は、毎日の食事は
頭を悩ませる一つ。

あまり時間はかけられないけど
いいものを食べさせたい。
出来るだけ手料理を作りたい。

忙しい中、理想と現実の間で
結構、いろいろと考えてしまいます。

そんな私が負担を減らすために
今やっていることをご紹介します。

スポンサーリンク

完璧じゃなくていい


一番自分を苦しめていたのは
時間がないのにちゃんとしたものを作りたい
という「真面目な気持ち」でした。

野菜たくさん食べさせなきゃ
手作りしなきゃ
品数をつくらなきゃ
などなど、思うことがありすぎて。

でもすべてを思うように、完璧になんて
できません。
それですごくきつくなっていました。

なので、毎日、頑張ることをやめました。
時間がないとき、自分がとても疲れているときは
スーパーでお惣菜を買ってきたり
冷凍食品や焼くだけ、混ぜるだけの
食材を使ったり。

そうやって手を抜いて楽に料理ができる日を
作りました。

頑張りすぎない、自分を追い詰めない。
肩の力を抜いて、手も抜いて
無理せずやっていくことが大事だと思います。

空いた時間に下ごしらえする


何もないところから作り始めると
時間がすごくかかってしまうので
空いた時間に下ごしらえをして
帰ってきたらすぐ作って食べれるように
しようと思いました。

夜は子供と一緒に寝落ちしてしまうことが
多かったので、もうあきらめて一緒に寝る。
そのかわり、朝早く目が覚めるので
早朝の時間を使うことにしました。

誰にも邪魔されずに準備できるので
はかどります。

我が家の定番料理は鶏のから揚げ。
朝から鶏もも肉を切って
薄口しょうゆ、お酒、ごま油、
しょうが、にんにくのすりおろしと一緒に
ジップロックに入れてモミモミ~。

そのまま冷蔵庫へ入れて半日漬け込み。
帰ったら汁気を切って、その中に
小麦粉と片栗粉を入れて、粉をまぶして
揚げるだけ。

ジップロックの漬け込み料理は結構
使えます。
下味をつけておいて焼くだけ、煮るだけの
レシピは時短になります。

スポンサーリンク

時短料理を作る


ご飯を作り始めてから、短時間で出来る
いわゆる「時短料理」を自分なりに
作れないか、いろいろ調べながら考えました。

「すき焼きのたれ」は使えます。
これ一本で我が家はこの冬とても助かりました。
肉豆腐、親子丼、牛丼、肉じゃが。
アレンジがいろいろできるし、カンタン時短料理が作れます。

何より味が決まる!
ベースがあるので、量を調節して
自分なりの味付けもできます。

ちなみにうちが使っているのは「エバラすき焼きのたれ」
そのホームページに載っていたレシピも
豊富で使えそうです。

https://www.ebarafoods.com/recipe/cla_products/nabe/sukiyaki/

あと参考になるのがこちらのブログ。
「含み笑いのカフェごはん syunkon」
https://ameblo.jp/syunkon/

レシピ本も出されている、山本ゆりさんのブログ。
何といってもレンジ使いがすごい!!
ジップロックタッパーを使ったりして
レンジで出来る、おいしい料理やおやつが満載です。

時短はもちろん、とても楽しんで作っているのと
本人さんが明るくて面白くて
楽しく読めます。

1週間のざっくりしたメニューがあると便利


料理を作るときに考える献立が
結構、頭を悩ませる一つ。
そこで1週間のだいたいのメニューを
決めておくと楽です。

例えば家族の好きな定番料理は週に1回くらいの
ペースで作っていいと思います。
子どもの頃、友達がよく
「日曜日はカレーライスの日」って言っていました。
その感覚です。

メニューも「月曜日:お魚、火曜日:お肉
水曜日:麺類、木曜日:丼物やご飯メイン
金曜日:定番料理…」と大体を決めておけば
買い物も楽になります。

育児が忙しくて、ご飯が作れない。そんな私の負担を減らした方法まとめ

育児が忙しくて、ご飯が作れない。そんな私の負担を減らした方法。
をまとめると、

 1.完璧を目指さない、手抜きする。
 2.空いた時間に下ごしらえする。
 3.自分で出来そうな時短料理を作る。
 4.1週間のざっくりしたメニューを決める。

1年前、保育参観に行ったとき
先生が話してくれました。

夕ごはんは豪華じゃなくていい。
時間を使って、何品も作って食べるより
消化のいいものにして
寝る時間を多く取るようにしてください。と。

子どもは早めに寝ることが大事だそうです。
早寝早起きを目指すためにも
食事の準備に時間をかけているわけには
いきません。

有効に時間を使って、子どもにも
ママにも負担のかからない毎日が
過ごせるといいですね。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク