Pocket
LINEで送る


毎日の子育て、本当に大変ですよね。
うちの夫の仕事は調理関係。
毎日、朝早く出かけ残業の日々。
でも所得は低くて(涙)

いわゆる「ワンオペ育児」でした。
その上、生活が苦しくて
私も仕事へ出ることに。

仕事をしながらの育児は本当に
大変でした。

そんな私が毎日を乗り切っていくために
やっていた方法をご紹介します。

スポンサーリンク

助けてくれる人を頼る


私は車で20分ほどの距離に実家の母が
住んでいたので、何かあれば
すぐ実家に帰っていました。

自分の母なので頼み事もしやすく
子どもも安心して預けられました。

義母にお願いしているというお友達も
いました。

一番は旦那に頼れればいいのでしょうが
うちのように仕事で全然家にいないとか
そういうときは他に頼れる人を
みつけるしかありません。

私の場合は実家が近くだったので
まだよかったですが、保育園のママ友には
転勤族で親戚さえも近くにいない、という
人もいました。

そのママ友は土曜日も保育園に預けたり
自治体で行われている子育てサポートを
利用していたそうです。

ボランティアで子供を預かってくれる
サービスがあるようです。

まずは誰か、頼れる人を探して
子どもをみてもらえる環境を
作るといいと思います。

ママ友と交流を持つ

一人で子育てをしていると
いろんなことに疑問や悩みが出てきます。

夜泣きがひどいとき、みんなどうしているのか
離乳食はどんなものを作っているのか
どんな洋服を着せているのか、どこで買ってるのか
などなど。

そんな時はやっぱり同じように子育てしている人と
情報交換をするのが一番いいと思います。

自分の友達の中で同じくらいの子供を持つ
友達がいると助かりますが、私の場合
出産が遅かったので、
同じくらいの子どもを持つ人は
まわりにあまりいなくて。

そこで利用したのが、自治体の子育て
支援センターや児童館。
初めてのママに対する講座や
小さな子供たちの「お遊び教室」など
いろいろなことをしています。

スポンサーリンク

そういう企画以外にもフリーで
子どもたちが遊ぶ場所を作ってくれているので
何も予定がなくても
ぷらっと出かけてみたりできます。

同じようなママさんが集まる場所なので
話もしやすいですし、子どもを通して交流できます。

私は「初めてママ講座」を受けましたが
保健師さんがいらしてくれて
子育てに関するアドバイスなど
してくれたので、とても参考になりました。

何より同じくらいの子供を育てている
ママさんたちと、どんなふうに子育てしているか
直接話して、相談したりできました。

その時にわからないことだったり
悩んでいることだったりを、話したり
聞いたりすると『あ、私だけじゃないんだ』って
思えて楽になれます。

そこでお友達にもなれて、連絡先を交換して
何かの時にはLINEで話したりも
していました。

ママ友との交流は辛いときを一緒に
乗り越えていく仲間のような感じで
心の支えになりました。

自分の好きなことを出来る時間を作る


ちょっとした時間でも自由になれる
時間を作ることが大事です。

私の友達は毎日旦那さんの帰りが遅いとのことで
子どもを寝かしつけた後から
旦那さんが帰宅する3時間くらいの間に
自分の趣味の時間をとっていたそうです。

本を読んだり、撮りためているドラマを観たり
その時間を取るときには家事をしないと決めて
自分だけの時間にしていたとのこと。

実際、私も夜の少しの時間に試そうと
思いましたが、子供と一緒に寝落ちしてしまって
夜に時間を取るのは難しくて。

なので逆に朝に取ることにしました。
みんながまだ寝ている早朝に起きて
生活雑誌を読んだりしていました。

時には朝からティータイム。
夜に食べると罪悪感のあるスイーツも
朝だとあまり気になりません。

前日にコンビニから買ってきた新作のスイーツを
紅茶やコーヒーと一緒に
楽しんでいました。
大好きなものを食べるって幸せになりますね。

朝に早起きすると何だか気持ちも
晴れ晴れして、日の光を浴びると
元気になります。

それぞれ生活パターンがあるので
取れる時間帯は様々だと思いますが、
朝活はおススメです。

子育ては一人じゃ辛い、毎日を少し楽に乗り切っていく方法とはまとめ

子育ては一人じゃ辛い、毎日を少し楽に乗り切っていく方法とは
をまとめると、

 1.助けてくれる人を頼る
 2.ママ友と交流を持つ。
 3.自分の好きなことを出来る時間を作る。

子どもを始めて保育園に預けたとき
面談をしてくれた園長先生が言った言葉
「子育ては一人じゃできませんよ!
周りを頼っていいんです。いい先生がいるから
任せてくださいね」

不安な気持ちだった私を楽にしてくれた
一言でした。

子育て、一人では本当に大変です。
少しでも楽になるように
工夫して乗り切っていきましょう。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク