Pocket
LINEで送る

新生児の子育ての頃。
毎日が眠たくて、体がきつくて
本当に大変でした。


授乳して子供が寝たからさあ寝よう…と
横になって…しばらくしたら泣き声。

全然ゆっくり眠れないし、でもそんなときでも
隣でグーグー寝ている旦那にイライラ。

なんで私ばかりが大変なんだろう。
そう思っていました。

同じことの繰り返しでイライラもピーク
もう何もかも投げ出したい!
何より寝たい!!!

そう思った私がイライラ解消のために
やっていたことをご紹介します。

スポンサーリンク

寝る時間を作る


まずは『寝たい』
そのためにはどうしたらよいのか考えました。

赤ちゃんが寝たら、一緒に寝る‼
これは必須だと思います。

でも、そうしたら食事の準備や洗濯などの
家事がおろそかになってしまう。

掃除もできない、食事の準備も思ったように
出来ないし。

そんな感じで、少し育児に慣れてきた頃は
赤ちゃんが眠ったときに家事をしていました。
でも、やっぱりキツイ!!

そして、家事を時短することにしました。
例えば食事は時々、手を抜く。

いつもいつも手作りしなくてもいいか、と
お惣菜を買って来てみたり。

うちは生協を利用していたので
揚げるだけ、焼くだけの冷凍食品を
注文していました。

メイン料理は簡単に出来るものを利用、
お味噌汁にできるだけ野菜を入れるようにして
栄養面はそこで補ってみたり。

おみそ汁のだしは100均の麦茶ポットに
煮干しを10本くらいと昆布とお水を入れて
冷蔵庫へ。
一日経てばいいだしが出ます。

そうやって時々手抜き、時短料理を作れれば
子どもが昼寝したときに一緒に寝ることもできるし
空いた時間にゆっくり過ごすこともできます。

無理せずに、あまり一生懸命にならず
自分が疲れないように手抜きしていきましょう。

旦那に協力してもらう


私の場合、一番のイライラの原因は旦那でした。
こっちは一日中赤ちゃんといて、お世話して
夜も授乳のたびに起こされて寝不足。

スポンサーリンク

旦那は帰ってくるのが遅いし、
休みも少ないし、育児には全然タッチしてくれない。

その不満もあってイライラがたまっていました。
外で働いて疲れているんだろうけど
こっちも限界…。

だったら、この状況を旦那にわかってもらうしかない。

それで夜泣きが始まったら、まず授乳。
それでも泣き止まないときは
寝ている旦那を起こして、抱っこしてあやしてもらいました。

疲れているのはお互いさま。
育児が大変だということをわかってほしいし
子育てにもっと参加してほしい。

それまでは夜泣きしても全然構わず寝ていた
旦那でしたが、夜泣きごとに起こされたことは
辛かったようで、「毎日きついな、ごめんな」
その立場をねぎらってくれて、

こちらから声を
かけなくても起きるようになったり
泣いたらすぐに抱っこしてくれたりと
気にしてくれるようになりました。

実際、旦那はどう子育てに関わっていいか
わからないという気持ちもあったようです。

子育ては誰か一人じゃなく、みんなでするもの。
特にパパには積極的に関わってほしい。

子育ての大変さを理解してもらって
協力してもらえれば、家事の分担なども
出来るようになります。

「自分だけの時間」を「好きに使える」ときを作る


いつも子どもと一緒となると自由になる時間がなくて
疲れてしまいます。

なので、私は実家の両親に少しの時間
預けて、自分の好きなことを出来る時間を
作っていました。

一人でカフェに行ってみたり
マイペースでのんびりとお買い物してみたり
お散歩に出かけてみたり。

一人の時間って解放されますね。
肩の荷がおりて、ふ~っと楽になります。

旦那が協力的になってから、その時間も増えました。
子どもが小さいうちは長時間は難しいですが
成長とともに取れるようになってきます。

自治体の子育て支援として、登録された方が
子どもさんの一時預かりなどもしてくれる
サポートサービスがあるようです。

転勤族の方、旦那さんの仕事が忙しくて
どうしても頼みづらい人などは
そういうサービスの利用もアリだと思います。
 

毎日の育児で寝不足がつらい。イライラ解消のために私がやったことまとめ

毎日の育児で寝不足がつらい。イライラ解消のために私がやったこと
をまとめると、

 1.寝る時間を作る
 2.旦那に協力してもらう
 3.「自分だけの時間」を「好きに使える」ときを作る

眠たいのに眠れないって本当に
心身に強いダメージを与えます。

眠ることで体も心も休まり、回復されるので
まずは眠れるときにちょっとでも
寝るようにした方がいいと思います。

周りに協力者がいてくれると
時間も取りやすくなるので
支援してくれる人に
積極的に甘えていいと思います。

この記事を書いているライターさん

名前:Sさん

夫と4歳の娘の
3人で暮らしている。

高齢出産を経験し
現在社会復帰して3年目。
医療関係の事務の仕事をしている。

日中はフルタイムで働き
育児に家事で大忙しの中
ライターとして副業をこなしている
すごく働きものな方。

スポンサーリンク